2018年 03月 06日 ( 1 )

石見銀山鞆ヶ浦道①

世界遺産10周年記念事業
「石見銀山争奪の歴史」講座も残り二回

3月4日(日)
~上野・乙見千軒と鞆ヶ浦を結ぶ銀山街道
に参加

f0214649_03552570.jpg


8:30大国まちづくりセンターに60人が集合


f0214649_03554467.jpg


tombeeも初めてのコースに興味深々

鞆ヶ浦道は大内・尼子の時代に使われた街道
当時は製錬してない銀鉱石を運んだらしい


4班構成でバスに分乗し
どこだらわからんような場所で下車


f0214649_03573901.jpg


車道をちょんぼし歩くと


f0214649_03574835.jpg


これが鞆ヶ浦道だでなん


f0214649_03580816.jpg


ほどなく胴地蔵


f0214649_04024480.jpg


首のない地蔵を想像しちょったが・・・

馬を引く使用人が役人の目をかすめて銀鉱石を盗んだ
バレてその場で首を刎ねられた。
見せしめにの無残なな遺体が打ち捨てられていた。
近隣の村人達が不憫に思い葬って地蔵を祀った。げな


f0214649_04170978.jpg


胴地蔵の裏の椎の大木
枝を切ったりなんだりしたら
祟りがあーだげな。


f0214649_04191031.jpg


街道をちょっと外れて・・


f0214649_04201654.jpg

椿の大木
広い水田跡


f0214649_04202604.jpg


ヤギがメーメー走る
この辺りは上野千軒ててゆーて
よーけ家があった集落だっただげな


f0214649_04241650.jpg


f0214649_04295480.jpg


東に広がる上野千軒
要害山(山吹城)の後ろが銀を産出した仙ノ山

山吹城を執ったものが銀山を制した
だけ・・銀山で戦をすることはなかっただでなん


f0214649_04303692.jpg


広大な敷地の奥に立派な旧家
尼子が山吹城を執ったころの山吹城の御典医だった
小笠原家
現在もお住まいでこれから先は立ち入られぬ

広大な屋敷を現在も維持されているのはご立派



続きはあした


ごきげんよう さようなら





[PR]

by tombee-yanaze | 2018-03-06 04:48 | ふるさとの歴史・文化 | Comments(8)