タグ:波根湖 ( 5 ) タグの人気記事

雉の記事

5月25日(木)朝散歩から

f0214649_04482647.jpg

代掻き終えた田圃
干拓前の波根湖に戻ったような
たぶん70年前はこんな感じ

代掻きを眺めて遥か波根の湖
近頃はコックひねって田水引く
歩地爺


f0214649_04481352.jpg

イタチハギ その後
来年は名前覚えてるかな?


f0214649_04481217.jpg

ファインダー覗くと
雄雉が二羽


バトルのようじゃない


f0214649_04551386.jpg

近づくと離れ近づくとまた離れる
鳥の常


f0214649_04551475.jpg

f0214649_04551306.jpg

f0214649_04573105.jpg

f0214649_04573113.jpg

学芸員氏に訊いてみた
「雉の雄どうしが仲がいいってことあるの?」
「繁殖期を過ぎた雄ってバトルしなくなるの?」
「今年孵った雛だとするともう成鳥のように羽の色がそろってる時期?」
「鳥にも性同一性障害ってあるの?」

回答:「雉だけにそんな記事読んだことがありません」
???

最後の写真のあと二羽揃って同じ方向へ飛び去りました


f0214649_05035526.jpg

田植えが終わった田んぼでカルガモが朝食
tombeeを警戒


f0214649_05035562.jpg

そんなに近くじゃないんだけど飛んで行っちゃいました


ごきげんよう さようなら













[PR]

by tombee-yanaze | 2017-05-28 05:07 | | Comments(16)

春散歩


f0214649_04145173.jpg

ハマダイコンの花が賑やかになってきた


f0214649_04161282.jpg

霧の朝の翌日も赤潮は残っていたが
夜光虫が発光するほどの波はなかった
昨日はもう消えていた


f0214649_04200124.jpg

掛戸の一本松に立寄ると
カルガモが海に向かってスイスイと^^

♫カルガモ海兵さん 仲良し海兵さん♫


f0214649_04182966.jpg

右側にカモの一群が見えますか?
どんどん沖に出ちゃいます


f0214649_04233653.jpg


カルガモが海面を泳ぐ^^
これまた楽し春の朝


f0214649_04252531.jpg


f0214649_04253044.jpg


散歩道山も畑も笑ひけり
川澱み水騒がしき鯉の恋
歩地爺


f0214649_04314082.jpg


f0214649_04315441.jpg


耕しの終わらぬ田んぼにカルガモとキジ

羽ばたきて雉のひと啼き干拓地
歩地爺


f0214649_04324410.jpg


f0214649_04360507.jpg


f0214649_04372288.jpg


春景色だね^^


f0214649_04385244.jpg


4月9日大原川から農大にズームイン
今はもう残り花


ここから10日

f0214649_04404776.jpg


土手にアザミを発見


f0214649_04411100.jpg


土手の菜花の先に大江高山が微笑む


f0214649_04424732.jpg


お花のブーケ
なんだろ花


f0214649_04442859.jpg


カラスノエンドウ
もう実が生り始めています


ばんは遊び過ぎたか
腹減ったーって帰ってきました^^



ごきげんよう さようなら



[PR]

by tombee-yanaze | 2017-04-13 04:47 | 日々雑言 | Comments(16)

なぎさNW*苅田神社~恵比寿さん*

宍道湖西岸の鳥シリーズが長すぎたので
ちょいと小休止

久手まちセンをベースにする「なぎさNW」
二月第一月曜日の6日は・・1月が雨で流れたこともあって、
今年の初歩き

f0214649_21070805.jpg



この日のリーダーはdonちゃん
気合が入ってました^^


f0214649_21070848.jpg



f0214649_21070845.jpg


波根湖田代大原川
東竹下の前から弘法の井戸(今はない)、踏切を渡って・・・
旧渡辺染物店の横・・・


f0214649_21070972.jpg


f0214649_21070946.jpg


苅田神社へ


f0214649_21070636.jpg


f0214649_21070708.jpg


苅田神社宮司夫人がNWのメンバーで・・
豆撒きの豆をお茶うけに、お茶をご馳走になりました^^


f0214649_21070718.jpg


息子さんが描かれたという酉年の鶏
チョーク画にはびっくりぽん^^
旨いもんです。
学校の先生だろか??


f0214649_21254993.jpg


f0214649_21255096.jpg


金比羅さんの廃宮?跡から魚見を通過・・
久手港へ


f0214649_21255099.jpg


恵比寿さんにお詣りして記念写真
ここしか知らん恵比寿さんだったが・・
ここは波根西の恵比寿さんだげな。


f0214649_21255052.jpg


仕明の恵比寿さん
仕明に恵比寿さんがあることは知らんかったに。
久手町ではもうひとつ恵比寿さんが・・・
tombeeが住む柳瀬にあるだに。


f0214649_21255104.jpg


迫海岸を眺め・・


f0214649_21255263.jpg



西川へ


f0214649_21355891.jpg


ここは小学校の頃の通学路
梅の花が咲き始めた路地をまちセンに戻りました。


梅香る懐かしき路地ウォーカー  歩地屋




ごきげんよう さようなら。






[PR]

by tombee-yanaze | 2017-02-08 04:27 | ノルディック・ウォーキング | Comments(12)

カイツブリ

f0214649_16350847.jpg


コガモの大原川河口に・・
カイツブリの番が忙しく潜ってました。

f0214649_16350802.jpg




f0214649_16350748.jpg



f0214649_16350711.jpg


f0214649_16350818.jpg


連写しないtombeeいは・・
なかなかタイミングが合わんだに。。



f0214649_16350626.jpg


f0214649_16350544.jpg



目が鋭くて野性味があるだが・・

雑食だないだろか。

↓Wikipediaより
「カイツブリ」:『(鳰、鸊鷉〈へきてい〉、は、水を「掻いて潜る(掻きつ潜りつ)」が転じたか、「カイ」は、たちまちの意で、潜る時の水音が「ツブリ」に転じたとする説が有力。さらに瓢箪のような体の形などから「櫂(かひ)と瓢(つぶる)」との説や、繰り返し頭から潜る「掻き頭潜(つぶ)り」などの説もある。この「かいつぶり」の和名は室町時代以降みられるになった。古名の「ニオ(にほ)」は水に入る鳥が転じたのが由来。奈良時代には「にほどり」「みほとり」と称されていた。漢字「鳰」も「水に入る鳥」を意味する
会意字。和製漢字である。』

納得


おまけ

f0214649_16350623.jpg



ばんもおったでなん。


ごきげんよう さようなら。




[PR]

by tombee-yanaze | 2017-01-30 04:33 | | Comments(14)

コガモ

f0214649_21132787.jpg



f0214649_21132832.jpg



f0214649_21132863.jpg




f0214649_21132981.jpg




f0214649_21132965.jpg




f0214649_21133040.jpg




蘆陰で春待つ小鴨の羽繕ひ

歩地爺



ごきげんよう さようなら。







[PR]

by tombee-yanaze | 2017-01-29 04:36 | | Comments(8)