足助合宿③<香嵐渓~クマすき>

昨日は39回目の結婚記念日だったげな。
娘からのおめでとうメールで・・・・^^

     結婚の記念日忘れ帰り花     歩地爺


②からの続きです。

タイトルのクマすきって、熊肉のすき焼きじゃないですよ。
f0214649_1605232.jpg

この辺りでは、オオスズメバチのことをクマバチと呼ぶんだげな。
よって、クマバチのすき焼きなんです。
詳しくは本稿後半で^^

さて・・・・
黍生山を下りて、巴川沿いを歩いて遡る。
道路は、関東・関西ナンバーの車両で数珠つなぎ。。
f0214649_902830.jpg
巴川の向こうの飯盛山


f0214649_15183263.jpg
観光バスは30台以上、バス専用駐車場に満杯でしたが・・・
今年の紅葉は、まげにないだに。。


まずは、足助の町並みを歩く
f0214649_15211318.jpg

f0214649_15214944.jpg

足助は中山道「塩の道」の宿場町
三河湾で作られた塩は舟で運ばれ、陸揚げし荷直しして足助から馬で運んだ中馬街道の真ん中。
塩尻・・・中馬街道は塩尻まで運んだげなで、塩の尻だげな。
ここも伝建保存地区、電線は地中化してありました。

f0214649_15222884.jpg
マンリン小路
間口の長さで税金を取ったのか、
間口が狭く、奥行きが超長い屋敷が立ち並んでおったに。


f0214649_1544524.jpg
足助マンホールの蓋
香嵐渓の紅葉だに^^


f0214649_15463170.jpg
川床を歩いてみました。


f0214649_15474886.jpg
ライトアップの時間に香嵐渓へ・・・
今年のもみじは期待外れ。。
遠方からの観光客は異口同音に・・・「あらら・・・」

     人多し色はイマイチ渓紅葉    歩地爺


f0214649_15493075.jpg

f0214649_15494779.jpg

f0214649_15501068.jpg
ライトアップの光源が明る過ぎ、色も黄色っぽいいから・・
あんまりいいことないだいなん。
ライトアップの光源は自然の光に近いもんにできんもんだろか??


ブースで休憩
f0214649_16192095.jpg
ビールで乾杯^^
五平餅、赤味噌田楽、本場匠の刀削麺・・美味しゅうございました^^


で・・・合宿所の面さん御殿に帰って・・・
自宅前の白鷺温泉でまったり^^
その後・・・初めに紹介した「クマすき」のおおごっつぉ^^

前菜は・・・
f0214649_16291298.jpg
クマ(オオスズメバチの蜂の子)の佃煮と


f0214649_16293469.jpg
ヘボ(シダクロスズメバチ)の佃煮


f0214649_16372950.jpg

香ばしくて高貴な甘さと香り・・


飲む酒は・・・
f0214649_16331942.jpg
琥珀色のクマ焼酎(球磨焼酎じゃありません。オオスズメバチの焼酎漬け)
砂糖など一切入っていないそうです。
まるで・・貴族の食事です^^


メインディッシュは・・・
f0214649_16355819.jpg
クマすき


f0214649_16394325.jpg

f0214649_1640365.jpg

f0214649_16402212.jpg
いわばローヤルゼリーのすき焼き
砂糖はみじんも入っておりません。
野菜もとっても旨いんです^^

     鋤焼きの肉より旨し地蜂の子     
     くつくつと湯気立て煮へしへぼの鍋   歩地爺


f0214649_16434322.jpg
なんとも貴族になった気分^^
酔わんはずがないですね^^


そのあと・・・
f0214649_16445989.jpg
面さんがオオスズメバチの巣を捕るときに着る宇宙服を見せてもらい・・・


f0214649_16462074.jpg
寝起きする離れでちょろっと飲み直し^^
バタンキューでおやすみなさい・・・でした。


この続き、二日目は明日。


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-30 04:56 | | Comments(14)

足助合宿②<黍生山②>

①からの続きです。

もうじき山頂
f0214649_15483952.jpg

f0214649_15485612.jpg
関東を離れてからほとんど見なくなった・・・
コウヤボウキ
枯れ花だけど、懐かしい。


f0214649_15501979.jpg
オケラ・・・枯れ花
これも今のtombeeには懐かしい花


f0214649_15535656.jpg

f0214649_15541067.jpg
黍生山(きびゅうやま)山頂374m
BUNさん、面さんのフィールドです。
平安時代の終わりには黍生城が賀茂六郎足助重長によって築かれたげな。


f0214649_15543276.jpg
BUNさんと劇的な出会いの伊吹山、山頂付近は雲の中


f0214649_1555262.jpg
名古屋のタワービル


f0214649_15551675.jpg
光っているのは三河湾
低山ながら360度の眺望
生憎の雲、いつもは見える御嶽山の噴煙や中央アルプスの山々も
この日は見えませんでした。


昼食タイム
f0214649_459644.jpg
一段下の城郭があった場所に移動
テーブルやベンチはB面さんの整備よるもの^^


f0214649_505695.jpg
BUNさんの奥方による、むかごごはんのおにぎりに筍・ワラビの煮物に手作りの香の物
竹の皮に包まれてました^^
何と云う「おもてなし」
美味しゅうございました。


f0214649_541076.jpg

f0214649_543347.jpg
B面さんお気に入りのベンチ
背もたれまで作ってるんです。
倒木の処理、階段の整備など・・・
しっかり維持管理されてるんですね。
食事を終えた山小屋さん


f0214649_573496.jpg
タチツボスミレの忘れ花に送られて・・下山開始


f0214649_58332.jpg
帰りは別ルートの林道


f0214649_592475.jpg
青空に映えるモミジ


f0214649_510360.jpg
今年育てたヘボを山に返す巣箱。
BUNさんが運んだ巣箱。
へぼはまだ出入りしてました。
攻撃的になったってことは・・野生に戻ったってことだげな。


f0214649_5142257.jpg
巣のそばにあったフユイチゴ
美味しゅうございました。


f0214649_5152126.jpg
クロモジの冬芽
来春に向けてもう準備中


f0214649_5163058.jpg
ショウジョウバカマの花芽も・・・・。


f0214649_5171998.jpg
下山
登山口にはB面さん手作りの杖が置いてある。


このあと・・足助の香嵐渓に紅葉狩り^^


この続きはまた明日。


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-29 04:46 | | Comments(10)

足助合宿①<黍生山①>

旅から戻ったら一変して冬世界
f0214649_2443322.jpg
三瓶山、初雪で初冠雪です。

        初雪やぼべの飯よりへぼの飯     歩地爺
            (ぼべ貝:ヨメガカサ  へぼ:地蜂の子=追々説明)

さて・・・・
名古屋から東に約50km、豊田市追分地区に住む、面の木の風さん・村夫子BUNさんを訪ねました。
東京から山小屋さんも来ましたよ。
なれそめは、2012年5月の末にアルパインの「岩崎元郎の地球遠足」で
面さんや山小屋さん達が、石見銀山、三瓶山、出雲大社の旅でさんべ荘へ宿泊
三瓶山と出雲大社にtombeeがくっついて行ったってことなんです^^

その時のブログはこちら(クリック)
今見返してみると・・確かに若いお二人が^^
とっても懐かしい。

そんなご縁で、面さんのご近所に住む村夫子BUNさんとも、ブロ友になったんです。

で・・・BUNさんとは、「近畿遠征*伊吹山超サプライズ」(クリック)があって・・・
今回の旅って云うか、へぼ合宿と云うか、山登りと云うか・・・
そんなわけなんです^^

前置きが長くなりました。

面さんが名古屋駅で迎えてくれて・・・
合宿所の面さんちへ
迎えてくれたのは・・・
f0214649_2194253.jpg
軒下のヘボの巣殻

で・・・早速、黍生山(きびゅうやま)へ
f0214649_2214893.jpg

f0214649_2224100.jpg
BUNさんちは巴川を渡って面さんちから徒歩10分くらいのところ


f0214649_2241689.jpg

f0214649_2233527.jpg
BUNさんの力作
鳥の巣箱とへぼの巣箱・・・・


f0214649_14505550.jpg
そしてへぼが迎えてくれました。


BUNさんの奥様も加え、5人で黍生山へ
f0214649_2255234.jpg

f0214649_226714.jpg

f0214649_2262722.jpg
黍生山は二人の遊び場


f0214649_2265257.jpg
貴重なコクランが一株


ちなみに・・・温泉津の銀山街道でtombeeがみつけたこれ
f0214649_2292857.jpg
コクランじゃないですか? BUNさん


f0214649_2302234.jpg

f0214649_2303552.jpg

f0214649_232111.jpg

f0214649_233568.jpg
ツチグリもムラサキシキブもリンドウも・・・・
季節外れのウグイスカグラまでも歓迎しくれました^^


f0214649_2334959.jpg
山頂直下


f0214649_2341545.jpg
サルトリイバラの赤い実
島根の実に比べるとすごく小さい。


f0214649_2353888.jpg

f0214649_2355872.jpg
達磨石


f0214649_2364494.jpg

f0214649_238630.jpg
今年はツルリンドウの実付きが悪く・・・
島根じゃあまりみなかったが・・・
黍生山にはどえりゃぁあるで・・びっくりぽん。

    赤き実の嬰児のやう蔓竜胆     歩地爺



長くなりそう。


この続きは またあした。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-28 04:44 | | Comments(10)

里山ちょろっと

足助のブロ友さんちを訪ねてきました^^
tombeeの知らない世界を見せていただきました。
ちんぷんかんぷんだった、ヘボの世界をほんのちょっぴり理解できたかな?

面さん、BUNさん、山小屋さん、そしてご家族のみんな様、 ありがとうございました。
へぼ合宿の様子は追々UPします。


合宿から帰ってきた出雲駅・・・
強風で出雲駅混乱のため20分遅れで到着。
車の窓を霙が叩き、時々ハンドルを取られそうな風。。


つなぎで、合宿前の近場の里山ちょろっと。

今年初めてのビナンカズラ(サネカズラ)
f0214649_5311193.jpg

f0214649_5313640.jpg

f0214649_5315377.jpg
tombeeちの近場の里山にもあったんですね^^


f0214649_5323849.jpg
ソヨゴ


f0214649_533550.jpg
クサギ


f0214649_5332026.jpg
サルトリイバラ
自然の恵みに感謝し、戴いて帰って玄関に飾りました^^


そして・・・
f0214649_5342193.jpg
アキチョウジがまだ頑張っていました。


おまけ
f0214649_5564218.jpg
我が家に来たジョウビタキ
相変わらずメスの姿は見ませんね。



ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-27 05:38 | 日々雑言 | Comments(10)

冬枯れの三瓶山・野点吟行ハイキング②

①からの続きです。

f0214649_8411967.jpg
赤雁山・・
見上げると珍しい形の雲
三段腹の雲

     残り葉に雲の形の面白し    歩地爺


f0214649_8423760.jpg

f0214649_8425513.jpg
ヤマボクチ・・・
これから花を開く頑張り屋さん^^


f0214649_8441624.jpg
昔の三瓶山の面影を残すのはこの山だけ
今も変わらぬ草原の山、子三瓶山


f0214649_8451384.jpg
ゲンキアザミはモリアザミ?


f0214649_848129.jpg
竹の春じゃなくて笹も春?


f0214649_849035.jpg
子三瓶中腹から振り返る


f0214649_8503435.jpg

     野点する老々男女草紅葉       歩地爺


f0214649_8522660.jpg
子三瓶山頂もうすぐ。


f0214649_853868.jpg
子三瓶山頂961mから
手前、鶴降山   奥、大江高山連山


昼食後、孫三瓶へ向かう
f0214649_8581394.jpg
リュウノウギクの残り花
残り花の中では一番輝いていた。


f0214649_859386.jpg
ヤナギタンポポ


f0214649_8595224.jpg
登山犬バイス
6歳半だげな。
5歳半の歩地も連れて歩かなぶよんぶよんだに。。


f0214649_92079.jpg

f0214649_911375.jpg
左手、男三瓶
正面、目指す孫三瓶


f0214649_93369.jpg
結構急峻な道、風越への下り


f0214649_935040.jpg
健気なママコナ


f0214649_942322.jpg
忘れ花、タチツボスミレ


f0214649_945868.jpg
風越を通過


f0214649_953140.jpg
鶴降山と大江高山


f0214649_96533.jpg
孫三瓶山頂903m


f0214649_973969.jpg
パノラマでどうぞ


f0214649_981444.jpg
ツリガネニンジン


f0214649_985416.jpg
リンドウ


f0214649_991458.jpg
モリアザミ??


f0214649_994524.jpg
ウシハコベ


f0214649_9133991.jpg
大平山へは楽々尾根道


f0214649_9143440.jpg
大平山頂854m


f0214649_915363.jpg
また雲に包まれたに。


f0214649_9163082.jpg
貧乏ハイキング・・・
リフトに乗らず歩いて下山^^
松がなくなってすっきり。


f0214649_9174881.jpg

     落葉打つ音のせぬよに立小便    歩地爺


f0214649_918176.jpg
東の原のナンダラタケ
食べられそうだけど・・・やめておきました。

みなさん お疲れ様でした。
また来年、元気でお会いしましょう。
良いお年をお迎えください^^


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-23 04:38 | 三瓶山 | Comments(16)

冬枯れの三瓶山・野点吟行ハイキング①

11月21日 今年最後のとびちゃんツアー
東の原・・大平山・・室の内・・扇谷・・子三瓶・・孫三瓶・・大平山・・東の原

f0214649_5524587.jpg
葉を落としすっかり冬の準備を終えた三瓶山

     落葉踏む音なき雨後の登山道     歩地爺


f0214649_5572757.jpg

f0214649_5574761.jpg
葉は落とせど実を残す・・・
サルトリイバラとアオツヅラフジ


f0214649_5595255.jpg

f0214649_611454.jpg

f0214649_631829.jpg
参加者7名
久々の青空に気持ち良いハイキング


指さす先は・・・
f0214649_622766.jpg

f0214649_623940.jpg
霧の海


f0214649_641578.jpg
旧ゲレンデに生えた松が伐採
気持ち良い草原に復元しつつあります。
来年はワラビが期待できるかな?


大平山から・・・
f0214649_66158.jpg
男三瓶には雲
来るときは傘雲を被っていた。
室の内もすっかり冬枯れ


f0214649_68316.jpg
子三瓶孫三瓶の向こうは霧の海
鶴降山も島のよう


f0214649_694194.jpg
霧の海は八神の辺り


室の内へ・・・・
f0214649_6111849.jpg

f0214649_611289.jpg
梢の先の三瓶山・・
この季節だけの限定版


f0214649_6124030.jpg
足取り軽やか^^


f0214649_6131965.jpg
室の内、マユミ頑張る


f0214649_613568.jpg
赤い実を落とさぬズミ


f0214649_6143257.jpg
ノイバラとコマユミ


f0214649_615471.jpg
イヌザンショウ
かじってみたけど、辛くなかった。


f0214649_6161416.jpg
指さす先は・・・・


f0214649_617079.jpg
痩せ鯉


f0214649_6173746.jpg

f0214649_6174866.jpg
コレハワスレタ


f0214649_61827100.jpg
ズミ


f0214649_6191729.jpg

f0214649_6193221.jpg
ちょいお行儀が悪いけど・・・
野点茶会
けっこうなお手前でございました。

      冬枯れに野点の茶香る三瓶山       歩地爺


f0214649_621992.jpg
扇谷に向かいます。


f0214649_622911.jpg

      落葉道苔青々と天仰ぐ      歩地爺


f0214649_6235858.jpg
冬枯れた室の内・・・


ちなみに・・
f0214649_6251288.jpg
同じアングル
10月31日の室の内

時の立つのは早いもの。。。


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-22 06:26 | 三瓶山 | Comments(6)

雨前日の空

雨模様になる前日の空
f0214649_681235.jpg

f0214649_682837.jpg

久々の茜雲ですが・・・
冬に向かう茜色はこれが精いっぱい


f0214649_69536.jpg

柳瀬の集落も茜色に包まれる


f0214649_6105735.jpg

大江高山に雲が湧く

f0214649_693229.jpg

久々にキジ

       穭田に雉の頭が見へ隠れ        歩地爺


f0214649_6153945.jpg
昨日の朝の大津の庭
注連飾りの準備に入ったダイダイ


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-20 06:17 | 日々雑言 | Comments(8)

浄善寺大銀杏(12月18日)

二日間の大雨に打たれた・・
池田浄善寺、大銀杏に逢いに行ったみた。
f0214649_8462983.jpg
緑が目立つのは・・・・
黄色の葉っぱが雨に叩かれて落葉
イチョウの木に残っ葉っぱが緑だってことなんです。

推定樹齢:600年以上
樹高:   29.5m
枝幅:   23.5m
幹周:    7.5m


今年はライトアップされたというので・・・
会社帰りに寄ってみた。
f0214649_8532699.jpg

f0214649_8563695.jpg

f0214649_85339100.jpg

f0214649_8535233.jpg

f0214649_854667.jpg

f0214649_8541762.jpg
緑が目立たんでいい感じだけど・・・
ちょっとだけ明るすぎるのかも。。

でも・・住職さんの念願がやっと叶ったライトアップ。
見に来る人が増えると大銀杏も喜びますね^^

      照らされてはらりと葉落とす大銀杏
      濡れ光る銀杏葉敷き詰め浄善寺
      ここだけは華やか銀杏落葉かな      歩地爺


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-19 09:00 | 日々雑言 | Comments(14)

多根の銀杏

パリでまた・・テロ
なんでやねん??

ジョコビッチ、強過ぎ・・・。。
なんでやねん。

それでも・・昨日のオペレッタ「こうもり」はまずまずだった^^


車を走らせるとあちこちに銀杏の黄葉が目につきますね。

三瓶北の原に向かって上って行くと
左手の三瓶川土本橋から・・・
f0214649_5355056.jpg
無造作に立っている色づいた銀杏


f0214649_541423.jpg

f0214649_5433471.jpg
道を外れて見に来る人も少ないんでしょうね。


大原川河口のコガモ・・・・
f0214649_5455581.jpg

f0214649_5461621.jpg
♂の頭が変化し・・・・
立派なナポレオンハットになりました^^


f0214649_5471392.jpg
ジョウビタキ・・・
相変わらず♀に逢わないtombeeです。


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-16 05:48 | 日々雑言 | Comments(22)

石見銀山城上神社の紅葉

石見銀山城上神社の紅葉チェックに立ち寄ってみた。

f0214649_482717.jpg
城上神社・・・・
祭神は大物主命
元々は馬路高山にあったものが、愛宕山に遷座され・・
更に毛利が銀山を支配した1577年に現在地に奉遷したもんだげな。


f0214649_416244.jpg
数度大火で焼失し、現在の社殿は1815年に造営されたもんだげな。
江戸時代には大森明神てて云われちょったげな。


では・・紅葉をどうぞ
f0214649_4215438.jpg

f0214649_422916.jpg

f0214649_4222030.jpg


       燃盛る紅葉に埋まる銀の宮
       燃盛る大火の如き紅葉かな       歩地爺


f0214649_4223841.jpg

f0214649_4225178.jpg

f0214649_4231942.jpg
本殿は去年解体修復されただに。


f0214649_424417.jpg

f0214649_425248.jpg
銀杏の黄葉はちょっと遅かったけど・・・・
その分、落葉の絨毯は厚かっただに。

しゃがんで撮るとき・・・・
ぎんなんの匂いがめちゃ臭かったでなん。。

       写真には臭いがつかぬ銀杏かな    歩地爺


池田浄善寺の大銀杏が色づき始めました。
あと1週間くらいかな?


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-13 04:27 | ふるさとの山河海 | Comments(16)