Ayumi塾生と登る三瓶山②

三瓶山行第二報
f0214649_544482.jpg
シモツケ?でいいのかな??
ふわふわじゃないけど??

f0214649_5451825.jpg
わぁ~~~~~!!!
コケモモですよぉ~~~~!!!^^
⇒じゃなくて蕚が赤いのはアカモノでした^^(ケペル先生御指摘)
三瓶山にコケモモじゃなくてアカモノが自生してるとは・・・・^^ 
嬉ぴいですねぇ~^^

f0214649_5471082.jpg
ハナニガナの向こうの山は・・・
子三瓶と孫三瓶

f0214649_5485536.jpg
この季節・・・三瓶rさんはどこもかしこもヒメウツギ

f0214649_550750.jpg
そして・・・・
タニウツギ

f0214649_550498.jpg
オオバギボウシが蕾を・・・・

・・・・・で遅れること・・・十数分?
役所が責任逃れした「立ち入り禁止」の避難小屋^^
自己責任で・・・OKです。
f0214649_5535414.jpg
塾生たち、早速カップ麺^^
Ayumi塾長だけ・・・なぜかオシルコ
・・・・で、昼食中・・・
雷ゴロゴロ・・・雨ザーザー

この間・・・ずぶ濡れのお兄さん、お姉さん、ジジババで、避難小屋はたちまち満杯
...........どうする?・・・・・・・・・
北の原に下山・・・
カッパを着込んで・・さあ~下山!

f0214649_652130.jpg
外に出ると・・・
小降り^^
避難小屋解体が決定したようで・・・業者のおっちゃんが応札のために現調してました。
「どがして、下ろすだかな?」・・・「ヘリコプター」
女三瓶でもデジタル放送の中継所を建設中で・・・型枠を組んでました。
コンクリートもヘリコプターで運搬するげなです。
・・・・小降りなら・・・・下山撤回で、先へ

f0214649_6114560.jpg
乙女の胸鋤・・・男三瓶山頂から子三瓶へ

f0214649_6125637.jpg
この花なんですかぁ???
ケペル先生  教えてぇ~。。
⇒ケペル先生より「カノコソウ」
関東の山は、この時期花の端境期・・・
三瓶山はちゃいますね^^

f0214649_6143379.jpg
真夏は花園
秋にはススキヶ原の広い山頂を子三瓶へ

f0214649_6162752.jpg
雲の中を急降下・・・
ジン君の〇〇ちゃんのフォローがすごかった♡^^

・・・で、前を行くAyumiちゃんが・・・・
突如、視界から消えたんです!!!
お花摘みじゃぁありません^^
浮き石に足を乗せて・・・頭から後ろ向きに・・・落っこちちゃったんです。。
妖怪も石の誤り・・・この日も片足2kgの重りを付けてた妖怪さんが・・・一回転して着地。
f0214649_6224544.jpg
谷から這い上がるのは森のクマさんではありません。。
妖怪さんです^^
落っこちる写真はまにあいませんでした。。
妖怪さん・・・この後・・・照れ笑いのVサイン^^
自信過剰の山男・山女のみなさん・・・気をつけましょうね^^

このあと・・・子三瓶・室内分岐で・・・また大雨土砂降りザーザー・・・
バカボンパパとTombeeは1時間早い・・室の内から東の原へ
Ayumi塾は予定通り、子三瓶・孫三瓶・大平山・東の原を選択
「さんべ荘」で温泉浸かって、待ってるよぉ~。・・・・で、お別れ。。
f0214649_629416.jpg
室内は高校生のキャンプ以来
古い火口の跡なんです。
エゴの花道^^

f0214649_6311717.jpg
室ノ内池・・・
雨の所為か、水量がありました。

・・・・で、さんべ荘の温泉・・・温泉^^
Tombee達が、あがって・・バカボンパパはビール、Tombeeは水を飲んでると・・・
塾生たちが到着・・・・
ハイタッチして・・・またねぇ~~~~^^

帰りに浮布ノ池を回って・・・久々の山行でした^^
f0214649_63685.jpg
やっぱ・・・山は   ええなぁ~^^
[PR]

by tombee-yanaze | 2010-06-28 06:36 | 三瓶山 | Comments(14)

Ayumi塾生と登る三瓶山①

長らくのご無沙汰でした。
はい・・・相変わらず忙しくうごめいておりました^^

まずは、おまけから・・・
みなさんお馴染みの『バカボンのパパ』が5月7日生まれのぽち(歩地)を連れて来てくれました^^
f0214649_9331044.jpg
花ちゃんがさいたまの実家で4匹の子犬・・・歩地(ぽち♂)・犬太(けんた♂)・太陽(たいよう♂)・菫(すみれ♀)・・・を産んだのです^^
前面左が長男の歩地。右が末娘の菫。後ろが母さんの花と二男の太陽。犬太は近所に養子に出た後で写真にはいません^^

f0214649_9592478.jpg
バカボンのパパに抱かれてやってきた歩地。
親子だけあってそっくりですね^^ 
バカボンのパパの息子だからバカボンって名付けようかとも・・・
でもね・・・かわいそう過ぎますね^^

バカボンのパパは胸に歩地を抱え、背中にザックを背負って来たんです^^
・・・・で、翌日三瓶山縦走へ
f0214649_1032131.jpg
雨予報だというのに・・・勢ぞろい^^
Tombeeのブロ友Ayumi塾長に7人の塾生たち・・・・
今夏の富士山遠征の予選会も兼ねてるのかな?
・・・・で、記念写真のあと東の原から縦走へ

f0214649_1081164.jpg
黄金のダイヤモンド・・・キイチゴ発見。
撮影のあとみんなで味見、美味しいこと^^

f0214649_1092563.jpg
サンキライも大きな実を付けて・・・

f0214649_10103884.jpg
バカボンのパパが大きなキノコを見つけて講釈・・・^^
「これは傘がグチャグチャに割れないから食べられるぞぉ^^」
勇気ある塾生たちは口にして「舌がビリビリしないから・・食べれる」って納得した模様。。
良い子のTombeeは口には入れませんでした^^

f0214649_10171964.jpg
ヤマツツジも登山道で見送ってくれました。

f0214649_10182378.jpg
f0214649_10205437.jpg
大平山から女三瓶へ
このあたりから・・肋骨骨折後初山行のTombeeは置いてけぼり(--;
コアジサイが「いつものことじゃぁ~~~ん^^ ゆっくり行けやぁ^^」

f0214649_10211841.jpg
オオカメノキ・・ムシカリかな?

f0214649_102327.jpg
ササユリもまだ固い蕾
三瓶のササユリも心ない馬鹿たれの所為で、すっかり数を減らしましたね。。

f0214649_1024561.jpg
ハーハー・・ヒーヒー
青少年達はずっと先に女三瓶に到着し、遅れるTombeeを待ってくれてました^^
女三瓶展望台からの三瓶山・・雲の中が男三瓶、続いて子三瓶、孫三瓶

f0214649_10425986.jpg
黄色のツル性の花は?
どなたか教えて。。
みんな・・またTombeeを置いて先に行っちゃいました^^
この続きはまた明日
[PR]

by tombee-yanaze | 2010-06-26 11:01 | 三瓶山 | Comments(12)

バーベキュー広場火入れ

何日か前の、晴れた日に・・
空を見上げるとトビじゃない鳥が・・・・
前から時々見かけ、掛戸から要害山の辺りに巣があるのでは?と思っていましたが・・・
f0214649_2151095.jpg

ミサゴです

f0214649_2163051.jpg
海面に気になるものがあるのか一ヶ所を見つめホバリング

f0214649_2175826.jpg
Tombeeが近づくと・・・要害山の方へ飛び去りました。

f0214649_2191068.jpg
ついでにトビちゃんも・・。
トビちゃんてTombeeと同じで、とっても憶病なんです。
ウミネコ、カラス、トビの中では、一番とろいのでは?

f0214649_21111738.jpg
梅雨入りの日の夜明け
薄い雲の中から昇ってきた太陽が綺麗でした。

f0214649_2113299.jpg
打ち寄せるさざ波がキラキラ輝いて・・・。

f0214649_21143073.jpg
・・・で、バーベキュー広場が石畳みを残して一応の完成
昨日、火入れを行いました^^
雑草抜きから椅子作りまで・・・
海を眺めながら・・・堪りませんね^^

f0214649_21192368.jpg
OD家の皆さんと・・Tombee家の7人
とっても美味しくて楽しくて・・・
でも・・・ちょっと調子が出過ぎて、カミサンはご機嫌斜め(--;
左向こうの防風竹塀もTombeeの作品です^^
[PR]

by tombee-yanaze | 2010-06-18 21:23 | 日々雑言 | Comments(24)

郷土史勉強会②*波根*

いやはや・・・
病に伏していたわけではありません。
またまた骨折していたわけではありません。
UPする写真がなくて・・・
とってもかわいい三瓶の先のOさんちの裏山のササユリも
裏海の猛禽ミサゴにもカメラを向けシャッターを切ったのですが・・・
二度連続でメモリーカードが入ってなくて(--;
なんたことだら(__;でした^^
・・・で、第二回目の郷土史のお勉強会
今回は波根町の歴史です
木曜日夜講義・・・日曜日現地
f0214649_21485924.jpg
浄土宗長福寺

f0214649_21513978.jpg
長福寺の紋章
見覚えがあるでしょ?
毛利家の御紋と同じ「一文字に三星」です
42歳で浄土宗大本山清浄華院の28世法主になった三休上人の開山
48歳で故郷の土を踏み・・・毛利元就と再会
・・・最初の出会いは・・・
1542年2月、尼子勢を包囲した大内・毛利軍は作戦の失敗から5月7日総崩れ
5月8日夕刻波根東村にたどりつき、満蓮社(現長福寺)に4~5日逗留
三休上人は「矢違い(矢が当たらない)のお守り」を元就に送った
1569年、尼子を屈服させ出雲大社に戦勝のお礼参拝の後、思い出の長福寺を訪れ
元就71歳、三休上人50歳・・・
元就は寺領として八町四方の農地寄進、着ていた陣羽織を贈った

f0214649_2217521.jpg
皆さん寺宝を見せてもらって感激^^

f0214649_22184972.jpg
これが、寺宝の陣羽織
・・現在は袈裟(法衣)に仕立て直され、矢違いのお守り(右端が原版)の修行をおこなうときに着用されるそうです。
真ん中は、戦前?公爵毛利家から贈られた「香資」

f0214649_2224307.jpg
長福寺には西村晴雲画伯の襖絵他多数の屏風絵などなどが残されています。
西 晴雲氏は大田市久手町の出身
サントリーのお抱え絵師でもあったようです。
故郷に帰ると長福寺に逗留し数々の作品を描きまくったとか。

f0214649_22293526.jpg
f0214649_22294688.jpg
長福寺入母屋の鏝絵
石見の左官屋はとっても器用で・・石見銀山にも沢山ありますね。
鏝一本で、虎や龍を描いちゃうんですから・・・すごいよね^^

f0214649_22364846.jpg
長福寺を出て・・・天王平廃寺塔柱心礎石を見学
五重塔の柱心の基礎石です。
筑紫の国の塔原塔石、河内の国禅寂寺、大和の国飛鳥寺、大和の国法隆寺とこの基礎石は・・・
全国で5指に収まる珍しい塔礎石だそうですよ。
奈良時代前期(天平)の国分寺で、蘇我氏の影響があったとか。
真ん中の凹部は舎利孔、柱跡、基礎御石の大きさから判断すると高さ27mだとか。

f0214649_22495191.jpg
波根湖を囲む山手には古墳も沢山あるようですね。

f0214649_22512454.jpg
波根東郷飯田山の医王寺
あの有名な行基の開山と伝えられています。
f0214649_22561294.jpg

本尊は全国に40数体しかない行基作の仏像・・・薬師瑠璃光如来像らしい・・・

f0214649_22583288.jpg
最後は立神岩・・・
f0214649_2303595.jpg
立神の麓、波根港から見た柳瀬
Tombeeちが見えました^^
・・・ってことで、久々の更新でした。
日々・・忙し過ぎ(--;
バーベキュー広場建設があと2~3日かな?
それが終われば一段落かも^^
[PR]

by tombee-yanaze | 2010-06-14 23:02 | ふるさとの歴史・文化 | Comments(14)

日本海への日没

天候に恵まれたここ2週間でした。
曇り空から雨粒が・・・・。
梅雨入り間近?の蒸し暑い日です。
晴耕雨パソコン・・・久々の更新になりました。
f0214649_13453164.jpg
冬の荒波が想像できないほどの穏やかな日本海

f0214649_13463665.jpg
日本海にい沈む太陽
Tombeeちの裏の日没をUPします。
6月2日18:55の太陽です。
関東に比べると1時間くらい遅いのかな。

f0214649_13552575.jpg
6月4日 19:15
海面を赤く染める夕日でした。
赤く煌めく海面の美しさ

f0214649_13572355.jpg
見事でしょ^^
夕日を見るのが日課になったTombeeです。

f0214649_13584114.jpg
魚のアラを持って海岸に出ると・・・・
ウミネコが集まってくるのです
なぜ、魚であるのが判るのでしょうか? 
視覚か嗅覚か・・・いつも不思議に思います

本日のおまけ・・・・
f0214649_1414655.jpg
Tombeeの写真ではありません
5月29日の夕景です。
三瓶自然館の学芸員YNさんからの借り物・・・
許可を得てのUPです。
太陽柱だそうです。
YNさんはTombeeの300m先に住んでいます。
過日、三瓶自然館のインタープリターに登録に行き知り合いになりました。
「5月29日の日没、見ましたぁ~?」「いいえ」「太陽柱が見えたんです^^」
「こんど見つけたら電話ください。海岸に走ります」
[PR]

by tombee-yanaze | 2010-06-07 14:07 | 日々雑言 | Comments(18)