カテゴリ:山陰の山( 147 )

ギフチョウとお友達・大江高山③

②からの続きです。

予告通り^^手乗りギフチョウをどうぞ。
f0214649_4133180.jpg

f0214649_4135163.jpg
tombeeと別れたくないのか・・
「往かないと行けないよ。」っていうんだけど・・
右手に載せてあげました^^
左手でシャッターを^^

itogaさんにカメラを渡して・・・
f0214649_4181773.jpg
記念写真を撮ってもらいました^^

     岐阜蝶の指に止まりし清し尾根   歩地爺


この後、itogaさんの手に乗って記念写真^^
それでも飛んで行かないから・・・糸雅さんが葉っぱの上に移しました。
きっとtombeeの馨しき香りに酔いしれたか、
前夜の焼酎交じりのアルコール臭に酔っ払ったか、
さもなくば、tombeeの毒気に当たったか^?^

帰りに見ましたが・・周りにはいませんでした^^
夢から覚めて、飛んで行ったんでしょう^^


いっぱい楽しませてもらった・・
先に進みます。
f0214649_4251922.jpg
このツルシキミ、見事でしょ^^


f0214649_428310.jpg
スミレサイシン


f0214649_4284163.jpg
モミジガサ


f0214649_4303682.jpg
シハイスミレ


f0214649_4314170.jpg
ツクバネソウ


f0214649_4322888.jpg
3人でミスミソウとイズモコバイモを探して歩くのですが・・・
葉っぱさえも皆無
3年前から激減したんです。
盗掘しか考えられません。
掘って帰ってつくわけもないのに・・・。
悲しいことです。


f0214649_4354617.jpg

f0214649_436711.jpg
ミツバツツジ・・・
関東の山ではよく見かけましたが、こちらは少ない。
アカヤシオ、シロヤシロはありません。


f0214649_4373982.jpg
中央の山は石見冠山かな。


f0214649_441078.jpg
キジムシロ


f0214649_4413213.jpg
背中も紫・・
シハイスミレ


f0214649_4421837.jpg
標識は落っこちちゃってるけど・・・
あと100mの標


f0214649_4432621.jpg
ミヤマカタバミ


f0214649_444540.jpg

f0214649_4445744.jpg
808m・・大江高山山頂


黄砂とPM2.5が飛び交ってるけど・・180度の眺望をどうぞ^^
f0214649_4464266.jpg

f0214649_4465633.jpg
三瓶山
出雲ドームの屋根も白く光ってました。


f0214649_4505854.jpg
仙ノ山(右)と山吹城跡・要害山


f0214649_4521324.jpg
馬路まで続く大江高山火山群


昼飯^^
tombeeはfujiさんに買ってもらっていたおにぎりを忘れて来て・・・
fujiさんに・・一個わけていただきました^。^
ありがとね & ごめんね fujiさん

f0214649_454815.jpg
タテハチョウかな?

昼食を食べながら・・・ギフチョウが乱舞^^
2頭・3頭の乱舞^^ 
みなさん、いっぱい撮ったからもういいや^^
・・・て、女王の舞を鑑賞^^

大満足で・・さてさて下山

この続きはまた明日。


ごきげんようさようなら。




[PR]

by tombee-yanaze | 2016-04-26 04:38 | 山陰の山 | Comments(14)

ギフチョウとお友達・大江高山②

①からの続きです。

f0214649_3312829.jpg
6合目辺りから・・
山田の谷と中国山地

山のてっぺんを切り開いちょるなん。
牧場それとも単に土採取場?


f0214649_334699.jpg
ヒゴスミレ
毎年・・エイザンだっけ? ヒゴだっけ?
葉っぱが3裂してるのがエイザンスミレで・・
5裂してるのがヒゴスミレ。
肥五スミレって覚えようかな^^


f0214649_336598.jpg

f0214649_337144.jpg

f0214649_3372847.jpg

     大江高山道案内の錨草
     陽を受けて透き通ったり錨草    歩地爺


f0214649_3424252.jpg

f0214649_3435297.jpg

     ひらひらと岐阜蝶舞ひし青い空
     岐阜蝶や女王の称号相応しき    歩地爺


f0214649_340345.jpg
図根点
まだ新しい。地籍調査に入った時、新たに設置したのかな?


f0214649_3522289.jpg

f0214649_3524064.jpg

f0214649_3525830.jpg
いやはや・・すごい数のお花とギフチョウ^^


f0214649_354173.jpg

f0214649_3541675.jpg

f0214649_3544119.jpg
休憩場所ピークに到着


f0214649_43730.jpg
銀産出の仙ノ山、矢滝城山、馬路の高山・・・・


f0214649_444840.jpg

f0214649_45782.jpg
浅利の風車


f0214649_461414.jpg
ギフチョウだないでなん。
キアゲハかアゲハか迷うとこだけど・・・
キアゲハの高山系だないだろか?
頭部の羽の黒い模様から・・・。


さて・・・山頂808mを目指します。

f0214649_4141716.jpg

ひらひらと舞ってきた一羽のギフチョウ^^
女王さまはtombeeがお好き^^
お花の香りがするのかな?
それとも、ピンクのシャツをお花と間違えた??

tombeeの右脇腹の辺りに止まっちゃたんです。
じっとしてたら・・・ずっと止まったままで動かないんです。

「もう行くよ」声をかけても・・眠っちゃったように^^

ならば、カメラを持ち替えて・・・
f0214649_4213123.jpg
上から^^

そして・・横から^^
f0214649_41542100.jpg

f0214649_416154.jpg

f0214649_4162268.jpg
自撮り写真ですよ^^

この前は、脳震盪起こしたキビタキにお礼を言われ^^
今回はギフチョウさんとお友達^^
鳥類や蝶類にも好かれるtombeeだに^^


この続きはまたあした^^

明日は手乗りギフチョウからスタートだに^^



ごきげんよう さようなら。




[PR]

by tombee-yanaze | 2016-04-25 04:29 | 山陰の山 | Comments(16)

ギフチョウとお友達・大江高山①

大江高山の前に・・
花チェック*森編にUPし忘れていたので・・・
f0214649_4482883.jpg

f0214649_4502740.jpg
目先が白くないから・・・
コサメビタキじゃなくて・・・
サメビタキ
他にもたくさんいたんだけど・・・
カメラを構えるまでに飛んで行っちゃいました。。


毎年・4月15日ころは大江高山に登ります。
今年は4月17日に「とびちゃんツアー」を企画したんですが・・
風雨のため中止、4月20日(水)に延期していってきました。

杉の木を伐り出すのか・・・
林道が刻み込まれていました。
その林道の傍らに・・・・
f0214649_4565095.jpg
チゴユリ
やっぱり今年は10日早いです。


登山道に入って・・・・
f0214649_501248.jpg
ぽってりしたアケボノスミレ


f0214649_54178.jpg
花の色が気になるけど・・・
サクラスミレ?


f0214649_554291.jpg
ヤマブキ


f0214649_56641.jpg
ボケ写真でゴメンナサイ
クルマバソウ


f0214649_573911.jpg
またまた・・アケボノスミレ
さっき撮ったからと・・素通りすると・・・
撮って撮ってとせがまれて^^
これからも同じ花が繰り返しますが・・ご容赦を^^


これにはびっくりぽんでした^^
f0214649_51082.jpg
あまり載せたくはなかったんだけど・・・
ヤマシャクヤク


・・・で、さっそく登場^^
出たよぉ~~~って、後ろにも声をかける^^
f0214649_2193369.jpg
トマレ!トマレ!
ギフチョウ
飛ぶ姿も優雅で「春の女王」の称号にふさわしい。


f0214649_5145374.jpg
飛ぶ姿が撮れるといいんだけど・・・
バカチョンじゃ無理ですね。。


f0214649_5161499.jpg

f0214649_5164580.jpg
延期で平日開催だから・・・?
珍しく男性ばかり^^
平田からも駆けつけていただきました。


今日はこれから三瓶で吟行^^
だから・・・この続きは明日。
写真いっぱい撮ったから長いシリーズになりそうですが・・・
お付き合いよろしくです。


ごきげんよう さようなら。






[PR]

by tombee-yanaze | 2016-04-24 04:45 | 山陰の山 | Comments(11)

矢滝城山③

②からの続き・・最終回


頂上です。

言葉は要らぬ^^ どうぞ。
f0214649_3504015.jpg

f0214649_3513084.jpg
634m、広い頂上はフキノトウのじゅうたん^^


f0214649_3524186.jpg

f0214649_3531795.jpg
三瓶山
西の原が見えています。

     蕗の薹三瓶を仰ぎ山談義    
     山頂に林の如し蕗の薹     歩地爺


f0214649_3543883.jpg
浅利の風車群


f0214649_3553666.jpg
馬路の鳴き砂、琴が浜海岸
国の天然記念物を目指すんだそうです。
嘘じゃないんです・・馬路だけにマジなんです^^


f0214649_3574666.jpg

f0214649_359261.jpg
白い建物・・馬路の高山


f0214649_40049.jpg

f0214649_404927.jpg
360度の眺望^^
朝鮮半島が近いから、米軍のレーダー基地だったげな。
そのあと・・NHKがアンテナ基地として使ったげな。


景色を満喫して・・
f0214649_463625.jpg
風を避けて窪地で昼食


お彼岸の中日・・手作りの牡丹餅やなんじゃかんじゃごっつぉになって・・
f0214649_495232.jpg
下山開始。


f0214649_4102186.jpg
右:銀の山の仙ノ山
中:山吹城があった要害山
左:矢筈城山


f0214649_4141557.jpg
大木の馬酔木も花盛り

     また来いと馬酔木の花が送りけり   歩地爺


f0214649_415074.jpg
美味しい水場が気持ちいい^^


お疲れさんと云うほどの山じゃないけど・・
冬眠から覚めて、手始めに春探しの軽登山^^

みなさん ありがとうございました。

次回は4月17日、大江高山でギフチョウに逢いましょう^^


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2016-03-24 04:46 | 山陰の山 | Comments(10)

矢滝城山②

f0214649_2022376.jpg
ネコノメソウ・・始動


f0214649_2024376.jpg

f0214649_20242094.jpg
葉っぱも花も、すごく小さいけど・・・
確かにエンレイソウ
これには・・びっくりぽんでした^^

びっくりぽんといえば・・・
昨日のNHK連ドラ「あさが来た」に、大田市出身の宮根誠司氏が出演・・・
まじで・・びっくりぽんでした^^
今日はセリフも少しあるようです。


f0214649_20273174.jpg
意外にも・・エンレイソウが地味ながらあっちからこっちから花をつけているんです。
そのエンレイソウを観察するみなさん。


f0214649_20301995.jpg
これはエンレイソウじゃないですよね。
ツクバネソウじゃないですかね?
と思いきや、ツクバネソウは葉っぱが4枚だと山小屋さんがいうので・・・
これは葉っぱが出始めたばかりのエンレイソウ。


f0214649_20315246.jpg
頂上間近


f0214649_322245.jpg
面さんが焼いて味噌を付けて食べると旨いという・・・
アオキの新芽が美しい^^


f0214649_3233117.jpg
小さな花・・・・
葉っぱが違うような気がするが・・
タネツケバナなんでしょう。
と書いたら・・・山小屋さんがユリワサビだという。
確かに^^
山小屋さんには次の花・・・
勝てん草^^


これには、絶対負ける・・・^^
f0214649_330562.jpg
カテンソウ
まだつぼみかな?


f0214649_33223.jpg
アザミがなんともすごい色の葉を出して・・・ロゼット状


f0214649_342973.jpg
カンスゲ


f0214649_3424118.jpg
アオイスミレ

     古の銀争奪やすみれ草   歩地爺


サブタイトル「春を探しに軽登山」
たくさんの春を見つけました^^

明日は最終回。頂上は圧巻でした。

ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2016-03-23 04:30 | 山陰の山 | Comments(12)

矢滝城山①

春を探しに・・・石見銀山矢滝城山・・・
第1回の石見銀山山吹城が雨で流れちゃったから・・
今年の第一回目の「とびちゃんツアー―」

3月20日の彼岸の中日、みなさん墓参りを終えて来てごいちゃったに^^
祖式の町を上る・・
f0214649_51525.jpg
矢滝
矢滝城の名前はこの滝から。


f0214649_53264.jpg
満開の梅が滝を引き立てます。


f0214649_543413.jpg
登山口にある案内板
ここも世界遺産の一部なんです。


f0214649_563180.jpg
杉の枯れ葉がふっかふかで・・
膝にやさしい登山道^^


f0214649_575316.jpg
これ・・・
帰って調べようと思っていた花芽?
忙しくて・・結局調べんずく。。
どなたか、よろしくです^^
⇒フデリンドウでした。
花しか目に入らないtombee。。
葉っぱの形までは・・覚えちゃいませんね^^


f0214649_592628.jpg
これはたぶんアオイスミレですよね。


f0214649_5101931.jpg
クロモジ
もう花咲かんとしてますね^^
いい香りの木です。


f0214649_513337.jpg
この日の参加・・・
10名のみなさん
春を待ちわびた人ばかり・・嬉しい声が響きます。


f0214649_5151466.jpg
ダンコウバイかアブラチャンの区別がはっきりとは理解してないけど・・・
感じからゆーとアブラチャン^^
アブラは油、チャンは瀝青・・よー燃える木だちゅーことの由来
どこだらの地方ではこれで屍を燃やすって、聞いたことがあります。


f0214649_5171069.jpg
シイタケノドキ
危ないから避けて通りましょう^^


f0214649_5175761.jpg
急坂もあるんです。
でも・・春だから・・しわくないだに^^

この先どんな春があるんでしょう^?^


この続きはまたあした。


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2016-03-22 05:19 | 山陰の山 | Comments(8)

指谷奥~指谷山縦走②

①からの続きです。
尾根歩きだから・・・
同じような写真ばっかり続きますが・・・。。
f0214649_641664.jpg

f0214649_643680.jpg
途中の尾根で弁当タイム


f0214649_652392.jpg

f0214649_654140.jpg
ヤブコウジも赤くなり始め


f0214649_662953.jpg
この道標もクマさんのかじり痕
この道標は取り付けた2~3日後に10mくらい離れたところに・・
引きぬいて、投げ飛ばしてあったらしい^^
クマさんは道標が嫌いらしい^^


f0214649_691115.jpg

f0214649_693040.jpg
今頃・・ツルシキミの花??


f0214649_610920.jpg
実が生っているというのに。


f0214649_6105032.jpg

f0214649_611325.jpg
相変わらずUP/DOWNの繰り返し。 ひーひー。。


f0214649_6122778.jpg
テープを巻いたこの木
赤いテープに「オオウラジロノキ」
青いテープに「切らないでください」
・・と書いてありました。

f0214649_614656.jpg
このオオウラジロノキ・・
リンゴやナシの原種らしい^^
実の数が少なくて・・味ききはできなかった。。


f0214649_6152214.jpg

f0214649_6155858.jpg
指谷山山頂


f0214649_6164971.jpg
眺望はこれだけ
広島県高野町だに。

f0214649_6173783.jpg

f0214649_61814100.jpg

f0214649_6183166.jpg
UP/DOWNもここで終わり
木地屋谷展望台


f0214649_6214463.jpg
あとは下るだけ。


f0214649_6221340.jpg

f0214649_622298.jpg

f0214649_622419.jpg

f0214649_6225935.jpg

f0214649_6232268.jpg
紅葉は麓に下りてきてますね。


f0214649_6282367.jpg
ツルシキミの赤い実


f0214649_6291725.jpg
タツナミソウの忘れ花あちこち


f0214649_630141.jpg
ミツマタはもう春の準備を始めてました。

下山解散・・14:00
指谷山・・良い山でした。
また連れて行ってもらうことにしましょう。
ありがとうございました。

おまけ・・
f0214649_632772.jpg
県民の森川沿いの紅葉も見事でした。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-06 06:32 | 山陰の山 | Comments(12)

指谷奥~指谷山縦走①

三瓶の紅葉を満喫した翌日の11月1日(日)
島根県中山間地域研究センターが主催する「紅葉の指谷山ブナ林縦走」に行って来た。
島根県民の森(もりのす)・・・(バス)・・・草峠-1005m分岐-指谷奥-杉ヶ谷分岐-指谷山-木地屋谷展望台-もりのす
歩いてみたいコースだったけど、車が2台ないとなかなかのコース。

参加者24名草峠(和恵)を出発
いきなりの急登・・・・
f0214649_655413.jpg
15分ほどで1005m分岐


f0214649_685548.jpg

f0214649_69716.jpg

f0214649_693913.jpg

f0214649_695715.jpg
楽々尾根歩きを想像していたが・・・


f0214649_6103426.jpg
上り下りを二十数回繰り返すハードコースみたい^^


f0214649_611783.jpg
道の両側で光る葉っぱはイワカガミ^^
大万木にはちょろっとあったが・・ここに来れば逢えるんだ^^
来春が楽しみ^^


f0214649_6125751.jpg
クロソヨゴの赤い実


f0214649_6134062.jpg

f0214649_614326.jpg

f0214649_6141612.jpg

f0214649_6143899.jpg
ブナ林の縦走は気持ちがいいが・・・
みなさん真面目に歩くから・・・とびちゃんツアーよりよっぽどきついに^^
ついていくのがやっとだに^^


f0214649_616869.jpg
時々・・・
ウリハダカエデやハウチワカエデの紅葉


f0214649_6165527.jpg

f0214649_6171592.jpg
このブナの親父はデカかった。
威厳を感じますね。


f0214649_618936.jpg

f0214649_6182296.jpg

f0214649_6183367.jpg
木々の向こうに三瓶山^^


f0214649_6193260.jpg

f0214649_620676.jpg
指谷奥1,047.8m
道標の右隅に注目・・・・
クマさんの歯形だそうな。
標柱の傷痕も・・クマさんの仕業。
なんでも、取り付けた翌日には縄張りに入った侵入者と間違えて・・・
格闘したらしい^^


f0214649_6232525.jpg

f0214649_623382.jpg

f0214649_6234710.jpg
クロバナヒキオコシ

この続きは、また明日。


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-11-05 06:24 | 山陰の山 | Comments(11)

黄葉大万木山③

②からの続きです。

昼食を終ええたら・・・タコブナへ
f0214649_5241060.jpg

      動物に残して橅の実拾ひけり     歩地爺


そのブナの実・・・
f0214649_5242823.jpg
奥の小さなラグビーボール状のものが、殻だでなん。


f0214649_5244042.jpg
山頂展望台
少しは見えて良かった^^


下山・・
f0214649_524513.jpg
頂上付近にもたくさんのユキザサの透明な赤い実が・・

      落葉積む大地彩赤実の赤さ     歩地爺


f0214649_52529.jpg

f0214649_5251418.jpg
同じ写真だないでなん。
場所も木も違うでなん。
下の写真は長い影を撮っただに^^


f0214649_5252498.jpg
花もない下山は特急^^

      落葉踏むサクサクだけが木霊する    歩地爺


f0214649_5253830.jpg

f0214649_5255098.jpg
春先や夏にはなかなか判別がつかないコシサブラ
実が生っていました。


f0214649_526268.jpg
地蔵堂で小休止
宍道湖も三瓶山も見えませんでした。


f0214649_526152.jpg
ここからは緑の森歩き


f0214649_5263032.jpg
ヤマアジサイの残り花


f0214649_5264299.jpg
日照りが続き・・・
権現滝もションベン滝


f0214649_5273541.jpg

f0214649_5274655.jpg
14:00全員無事下山

みなさん お疲れ様でした。
いい山であることを実感されたと思いますが・・・
太陽が紅葉を照らさずに・・ごめんなさい。。
またいつか、会いましょう。
ありがとうございました。


おまけ・・・
f0214649_52805.jpg
道の駅とんばらに吊るし柿が出ていました。
5個突いて500円・・安いですね。
こんなに早く吊るしてカビが生えないのかな??

      吊るし柿風に揺らされ甘くなれ      歩地爺



ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-10-28 05:53 | 山陰の山 | Comments(12)

黄葉の大万木山②

①からの続きです。

五合目くらいかな?
この辺りが一番きれいだったかな。
f0214649_415764.jpg


f0214649_445981.jpg

f0214649_49486.jpg

     願わくば陽光欲しき秋の山     歩地爺


ブナの森に入ると・・・ブナの親父の声が聞こえます。
何となく感じるものがちがいますね。
とにかく保水力(土と葉)が抜群
「ブナの森では水筒は要らぬ」
ブナの自然林は「緑のダム」と云われる所以だに。
f0214649_491987.jpg

f0214649_493156.jpg

f0214649_494527.jpg

f0214649_495616.jpg

f0214649_410925.jpg
登山道ずっと地面を這う赤い星
今回は撮るのやめようかと思ったけど・・・
撮って撮ってせがまれて・・・ツルアリトオシ


尾根に出ると・・一気に冬枯れ手前の景色
風が強いんでしょうね。
f0214649_4102516.jpg

f0214649_414391.jpg
大階段展望台
いつもなら、頓原の町並み・・・
その右に三瓶山が見えるのですが・・・
モヤで・・・・ほんの一瞬町並みがかすんだだけでした。


f0214649_4142289.jpg
コマユミ

     コマユミの赤き実赤子に見えにけり     歩地爺


f0214649_4144025.jpg

     尾根筋の強風に耐へ赤栬      歩地爺


f0214649_4145552.jpg

f0214649_415178.jpg

     落葉踏む音のみ聞いて山頂へ    歩地爺


f0214649_4153023.jpg

     山頂の大橅眺め秋弁当
     日の光紅葉照らさず飯照らす     歩地爺


この続きは また明日。


ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-10-27 04:51 | 山陰の山 | Comments(10)