カテゴリ:山陰の山( 175 )

鯛の巣山⓵

10月5日(木)
天気予報を見てこの日しかないと
奥出雲町(仁多町と横田町が合併)の鯛の巣山へ

f0214649_05140230.jpg

やどから70km約1時間半


f0214649_05153676.jpg

f0214649_05154216.jpg


出雲風土記より志努坂野

クマベルを鳴らして出発


f0214649_05170999.jpg

f0214649_05173189.jpg


サラシナショウマ


f0214649_05180131.jpg

キノコ博士のtaka先生
連絡がついて初参加
スギヒラタケ
スギエダタケ ナンダラダケ 採取しながら山登り
もち食用のみ


f0214649_05212698.jpg

f0214649_05221355.jpg

taka先生にささやいた 「おっ! なんだら!!」

アケボノシュスラン(曙繻子蘭)
二株
大万木以来3年ぶり
taka先生に連絡が付いてよかった


f0214649_05252435.jpg

f0214649_05252410.jpg

キバナアキギリ


f0214649_05262165.jpg

キクバヤマボクチ


f0214649_05265925.jpg

花盛り


f0214649_05274672.jpg

f0214649_05274592.jpg

「お~~!」声が出るほどの苔生した大岩
巨岩の山らしい


f0214649_05292712.jpg

ヤブコウジの未だ青い実


f0214649_05301213.jpg

シラヤマギク


f0214649_05301165.jpg

沢の水音が心地よい
とってもいい山


f0214649_05322260.jpg

f0214649_05322272.jpg

三合目 鯛流水

備前と出雲の特産品が物々交換されたげな
鯛とヘボの巣だないだろか?
近場の地名「田井」が鯛の説も・・・


今日は一日中雨らしい
おとなしくししちょこかなん


ごきげんよう さようなら





[PR]

by tombee-yanaze | 2017-10-06 05:44 | 山陰の山 | Comments(14)

鰐淵寺から鼻高山③*鼻高山ー伊努谷峠ー鰐淵寺へ下山

台風18号が日本列島縦断の気配
ばんの初めての運動会は
早々と17日の予定を19日に延期されました
そんななか、今日は中国自然歩道石見銀山コース
大森ー温泉津沖泊の13.5kmの健康ウォークを決行するげな
雨は世話ないだろか??


さて
②からの続き
鼻高山ー伊努谷峠ー鰐淵寺へ下山の最終回


f0214649_03083976.jpg


山頂のアセビ
種かとじっと見るが
どう見ても蕾
このまま早春を待つのかな??


f0214649_03133022.jpg


ウラギンスジヒョウモン

ひらひらと吾影踏むや秋の蝶
歩地爺


滑り落ちるような急坂を下り
アップダウンを40分ほど繰り返すと

f0214649_03304209.jpg


f0214649_03444260.jpg


伊努谷峠

旅伏山から伊努谷峠ー鰐淵寺ー遥堪峠ー出雲大社弥山
が中国自然歩道の一筆書き


f0214649_03350307.jpg


f0214649_03362132.jpg


今年の初物、ヤマジノホトトギス


f0214649_03362140.jpg


木の根っこに
木の実? それともうんこ??
それともキノコ???


f0214649_03454363.jpg

f0214649_04214102.jpg

あの木の真ん中
BSのアンテナではありません
下向きに大きなキノコだだに
びっくり


f0214649_04103315.jpg

鰐淵寺の境内ゆえに
こんな古木が残るんでしょう


f0214649_04103382.jpg

鰐淵寺の歴史をどうぞ
多くの僧兵の一人が松江生まれの武蔵坊弁慶
18歳から36歳までおったげな


f0214649_04103388.jpg

この木 すごい木
何回も倒木に倒されながら横向きに生きる!


f0214649_04103437.jpg

振袖火事の八百屋お七(16歳)が処刑され
寺小姓の吉三は菩提を弔うためお七の骨を携えて
行脚し当鰐淵寺の参詣し菩提を弔いし後
病にかかって・・・云々

f0214649_04103090.jpg

鰐淵寺山門の手前に下山
一枚岩の滑滝
駐車場へ


f0214649_04103016.jpg

道路沿いの杉の木の俣に
ニホンミツバチの巣

とってもいい山というよりとってもいいコースでした
紅葉で有名な鰐淵寺
最盛期にもう一度来たいコースでした




ごきげんよう さようなら











[PR]

by tombee-yanaze | 2017-09-16 04:49 | 山陰の山 | Comments(5)

鰐淵寺から鼻高山②*遥堪峠から鼻高山

①からの続きです。

まったり癒しの苔の道が途切れると

f0214649_03091349.jpg

杉林
木漏れ日がまぶしかった


f0214649_03155085.jpg


f0214649_03110135.jpg

杉林を抜けると遥堪峠の十字路
北山尾根縦走の分岐に到着
まっすぐ進むと出雲大社
昔は海岸線ではなくこの道で出雲大社に詣でたんだろうな
どうやら「天平古道」らしい

「遙堪(ようたん)」とはその昔、斐伊川が注ぐ菱根池という大池があり
「遥かに水を湛える(たたえる)」が変化して「遙堪」
この峠から昔はその池が見えたのかも


さて尾根を鼻高山へ向かいます

f0214649_03321227.jpg

f0214649_03323140.jpg

ちょうど5年前に出雲大社から弥山に登った時は
マツクイムシにやられた倒木だらけで
やれんかった

面の木さん、山小屋さんと初めて会ったのもこの時
懐かしいからリンクしておきましょう



大黒山 天ヶ峰を過ぎて・・

f0214649_03492972.jpg

ちょっと余分な30分

天ヶ峰に戻って昼飯


f0214649_03492998.jpg

中の小峰を過ぎた辺り

長連峰を過ぎると

f0214649_03515459.jpg

矢尾(やび)峠


f0214649_03515438.jpg

鰐淵寺からの別ルートの分岐


西峠を越えると

f0214649_03585907.jpg

三方界
いわゆるT字路だに


f0214649_03590065.jpg

キッコウハグマだと思うけど
キッコウナシハグマかも^^


短いけど急坂をハーハー

f0214649_04045370.jpg

13:20鼻高山(536m)到着


f0214649_04064962.jpg

右が薗の長浜日本海
その先に三瓶山がうっすらとだが
写真じゃ無理だなん


f0214649_04091883.jpg

斐伊川を真ん中に出雲平野
家々の築地松がよう見えるに

f0214649_04110347.jpg

海苔で有名な十六島(うっぷるい)の風車群


f0214649_04123819.jpg

誰に会わんけ
セルフタイマー

左から71歳、67歳、66歳(11月末67歳)
歳相応のじいさんだに。。


続きは明日


昨日カミさんが5月に生まれたふたごの孫
リールー君を連れて帰った来ました^^
賑やかになりました



ごきげんよう さようなら


ミサイルの朝ドラ撃破今日の秋
歩地爺




[PR]

by tombee-yanaze | 2017-09-15 04:17 | 山陰の山 | Comments(6)

鰐淵寺から鼻高山①*苔の道*

9月9日
出雲北山の最高峰、鼻高山(536m)に
鰐淵寺(がくえんじ)から中国自然歩道に沿って
行ってきました。

f0214649_02402378.jpg


鰐淵寺
寺付近に駐車場はありません。
下の第一駐車場に車を止めないと叱られますからご用心
ここから北山に至るルートは3本ありますが、
いずれも寺の敷地内
入山料500円が必要です。

まずは一番西側の中国自然歩道ルートから遥堪峠を目指す

f0214649_02433250.jpg


8:55 アキチョウジに送られて出発


f0214649_02455679.jpg


沢の木漏れ日がとってもいい感じ


f0214649_02470332.jpg


大きな一枚岩の滑滝を通過すると
苔の世界へ


f0214649_02470498.jpg


f0214649_02470366.jpg


右岸左岸を行ったり来たり
沢の水音が心地よい

f0214649_02485282.jpg


橋の上で写真撮ってたdonちゃん
ストックを1本落として川床へ
上がって来たと思ったら今度は2本
毎回なにかやらかしてくれます^^


f0214649_02485287.jpg


f0214649_02541128.jpg


f0214649_02541229.jpg


以前出雲大社裏の弥山に登ったことがありますが
こんな苔の道とは想像もしてませんでした。


f0214649_02541120.jpg


涼し気に苔のででむしまったりと
歩地爺


f0214649_02593916.jpg


立木さへ苔の覆ひし沢の秋
歩地爺

立木を駆け上る苔


f0214649_02593978.jpg


こんなに緩やかな素晴らしい沢が90分も続いたんです
疲れませんね^^

弁慶の足音聞こゆ澄し沢
弁慶の足跡訪ね苔の秋
歩地爺


続きは明日


ごきげんよう さようなら






[PR]

by tombee-yanaze | 2017-09-14 04:34 | 山陰の山 | Comments(10)

大山夏山登山道④最終回

二週間経ってやっとこさ最終回
③からの続きです

f0214649_03591361.jpg

ここからは行者修行道を大山寺に下山


f0214649_04004800.jpg

美女ふたり息の静かに木下闇  歩地爺


f0214649_04004957.jpg

f0214649_04004896.jpg

大好きなブナの森


f0214649_04040023.jpg

数年前の大雨で流されそうになった元谷の避難小屋
砂防ダム、やっと復旧工事が終わったみたい


f0214649_04054485.jpg

盛りを過ぎたダイセンクワガタ


f0214649_04054460.jpg

ホソバノヤマハハコ


f0214649_04054561.jpg

f0214649_04054458.jpg

ヤマアジサイ ウリノキの簪
さいなら


f0214649_04084508.jpg

サンカヨウの実


f0214649_04084494.jpg

クサアジサイの蕾


f0214649_04095391.jpg

f0214649_04095372.jpg

大神山神社
ご祭神は大国主命


f0214649_04113568.jpg

参道の石畳としては日本最長だげな



f0214649_04203287.jpg

青嵐や前垂赤き地蔵尊  歩地爺


f0214649_04221148.jpg

大山寺入口
志賀直哉暗夜行路ゆかりの地だげな
宿坊に泊まって構想を練っただげな


f0214649_04221164.jpg

参道の清流に咲く
ミゾホオズキ


溝酸漿終わり良ければ全てよし 歩地爺



登山前日は大雨
当日はカラッと上がって快晴
気温も上がらずとっても気持ち良い山行でした



ごきげんよう さようなら





[PR]

by tombee-yanaze | 2017-07-20 04:30 | 山陰の山 | Comments(16)

大山夏山登山道③

北海道知床遠征から17日夜に無事に帰ってきています。
少々の草臥れとエキサイトブログの長時間メンテのため
ブログ更新ができませんでした。
少しは快適になったかな?


遠征記事は後日とし
塔が建っちゃった「大山夏山登山道」を
ちゃっちゃと終わらせちゃいましょう


f0214649_03190865.jpg

八合目から


f0214649_03202530.jpg

f0214649_03202491.jpg

ここからのアプローチは素晴らしい


f0214649_03214358.jpg

ヤマオダマキ


f0214649_03222826.jpg

ダイセンキャラボクの群生
弥山頂上まで木道が続く


f0214649_03222859.jpg

ナンゴククガイソウの大群落


f0214649_03222842.jpg

f0214649_03222725.jpg

頂上へ木道続く雲の峰  歩地爺


f0214649_03271599.jpg

ホソバシュロソウ
シコクフウロは蕾


f0214649_03281371.jpg

避難小屋
屋根には太陽光パネル


f0214649_03290156.jpg

今年初 ダイセンクワガタ


f0214649_03293929.jpg

ダイセンヤナギ


f0214649_03301006.jpg

中学生に占拠^^された弥山頂上


f0214649_03314314.jpg

ネバリノギラン


f0214649_03314460.jpg

弥山山頂から剣ヶ峰
右奥は行ったことがない烏ヶ山(からすがせん)


f0214649_03314315.jpg

祝 fujiさん・どんちゃん大山初登頂
両手に花のtombee


f0214649_03412568.jpg

f0214649_03412574.jpg

f0214649_03412449.jpg

祝福するお花ちゃんに送られて下山開始
とっても涼しくて1時間くらいくつろいだかも


f0214649_03435514.jpg

f0214649_03435544.jpg

カラマツソウの蕾


f0214649_03435519.jpg

北壁 崩れる砂利が流れる音が聞こえます


f0214649_03473465.jpg

夏大山眼下に雲の流れをり 歩地爺


最終回にしようと思ったけど・・
もう一回
明日の最終回に続きます


今回のエキサイトブログのメンテ・・
気合が入ったのか
記事UPも以前より快適^^
コメも入れ易くなるかもね



ごきげんよう さようなら




[PR]

by tombee-yanaze | 2017-07-19 03:55 | 山陰の山 | Comments(8)

大山夏山登山道②

①からの続きです

f0214649_04334851.jpg

木々の切れ間に
三鈷峰が見えてきた


f0214649_04361444.jpg

五合目
donちゃんと和江の姉さん一服中


f0214649_04392488.jpg

山の神さんにお詣り


f0214649_04402971.jpg

元気のいい集団が通過していく
高松の香川大学付属中学校の二年三クラス
40×3=120名の団体さん

林間学校みたいなもんらしい


f0214649_04433144.jpg

我々も出発
シモツケ


f0214649_04444670.jpg

f0214649_04444618.jpg

六合目
大集団に占拠された感じ^^
でも入れてもらってしっかり30分も休んでしもた


f0214649_04464001.jpg

三鈷峰とユートピア尾根
ユートピア小屋が見えている
三年前のお花畑は素晴らしかった


f0214649_04483390.jpg

とってもかわいい先生に撮ってもらった記念写真
右から
とびちゃんツアーで知り合った雲南の山ガールtsuruちゃん
donちゃん(初大山)
和江の姉さんあっちゃん
fujiさん(初大山)
ように痩せこけてみすぼらしい爺になったtombee

さて昼までに頂上に着きたいね


f0214649_04543004.jpg

三瓶にはないカラマツソウ


f0214649_04543056.jpg

f0214649_04542971.jpg

砂滑りが懐かしい


f0214649_04560058.jpg

ヤマボウシ


f0214649_04560019.jpg

カラマツソウ


f0214649_04583232.jpg

クガイソウ
紫色の花までもう少し

f0214649_04583296.jpg

あっちゃんが九階草てて書くだてて教えてくれた
確かに輪生した葉が九段・・・九階建てのように
だからクカイソウが正しいと
あのあっちゃんからこがなことを教えてもらうとは
まさしく目からうろこ

でも調べてみると「九蓋草」が正解
和江の姉さん・・中途半端に覚えていたのかな?


f0214649_05051960.jpg

f0214649_05051912.jpg

登ってきましたね


f0214649_05051807.jpg

ダイセンキャラボクの実


f0214649_05080782.jpg

fujiさんが手を振る
71歳大山初登頂を目指す元気爺


f0214649_05080709.jpg

付属中学校の遅れ気味グループが10名くらい
tombeeたちと抜きつ抜かれつ


f0214649_05080620.jpg

「振り向かないで」とお願いして^^


f0214649_05114519.jpg

頑張るfujiさん


f0214649_05114541.jpg

八合目



続きは19日?


今日はこれから海の日恒例の
初老山楽会の夏遠征に出かけます
今年は羅臼岳・斜里岳の二座


今日は千葉の末娘のところに立ち寄って
5月に生まれたふたごの孫リーとルーに初対面
明日羽田にメンバー5人と再会
女満別に飛んで知床辺りを観光
15日に羅臼岳 16日に斜里岳
17日に網走湖辺りを観光し、夜遅く帰ってきます


訪問もコメ返もせずにごめんなさい

ヘボの巣箱を二個完成し据え付けました
庭の草抜きが一段落
ツワブキの葉の下に手を入れた途端激痛
キイロスズメバチにやられ
右手がグローブになっちゃいました。。


帰ってきたたら余裕の生活に戻りたいと思っております


行ってきます



また会う日まで

ごきげんよう さようなら





[PR]

by tombee-yanaze | 2017-07-13 05:34 | 山陰の山 | Comments(6)

大山夏山登山道①

二年ぶりに中国地方最高峰大山に行ってきました
前日までの大雨が上がり
素晴らしい登山日和になった7月6日

f0214649_05205002.jpg


f0214649_05212372.jpg


f0214649_05212345.jpg

夏山登山道口を8:00出発


f0214649_05232946.jpg

大山寺改ざん1300年を再来年に控え
国の重文 阿弥陀堂改修中


f0214649_05254500.jpg

f0214649_05254582.jpg

ツルアリトオシ
まげな群落


f0214649_05254501.jpg

イワカガミは実


f0214649_05273378.jpg

f0214649_05273363.jpg

f0214649_05273242.jpg

f0214649_05282741.jpg

根っこが浮き上がっても生きるブナ


f0214649_05282745.jpg

ブナの森は実に気持ちいい


f0214649_05313842.jpg

巨大ナメクジ


f0214649_05313820.jpg

f0214649_05313871.jpg

ヤマアジサイ
ブルーとピンク


f0214649_05333035.jpg

f0214649_05333005.jpg

f0214649_05333025.jpg

サルナシの花
今年初


f0214649_05352739.jpg

トリアシショウマ
でか群落



続きは明日



ごきげんよう さようなら

















[PR]

by tombee-yanaze | 2017-07-12 05:37 | 山陰の山 | Comments(6)

青嵐の大万木山⑤最終回

④からの続き最終回

f0214649_08284653.jpg

f0214649_08284689.jpg

マイヅルソウ
サンカヨウの大万木ですがマイヅルソウの群落も広がってます
一度はマイヅルソウの花見なきゃなぁ
と、この時期に来たんです


f0214649_08284761.jpg

チゴユリさえも元気で迎えてくれました


f0214649_08284624.jpg

珍しくなくたったコケイラン
烏骨鶏の卵ウ・コッケイランではありません


頂上でお弁当タイム

f0214649_08335697.jpg

ニョイスミレ


f0214649_08335500.jpg

植生保護ロープ脇のマイヅルソウ


f0214649_08355317.jpg

頂上タコブナにご挨拶^^


f0214649_08363099.jpg

f0214649_08363109.jpg

白い花が鶴の首
花下の二枚の葉っぱが羽を広げた両翼です。

♪港の名前は舞鶴なのに なぜ飛んで来てくれぬのじゃ♪
ついつい歌っちゃいますね^^


f0214649_01245441.jpg

f0214649_01245424.jpg

f0214649_01245502.jpg

サンカヨウ
花最盛期から20日
全て実に


f0214649_01283803.jpg

ブナの森を下山


f0214649_01283897.jpg

ツクバネソウ群


f0214649_01283880.jpg

ニシキゴロモ


面白いものを発見

f0214649_01311428.jpg
落ち葉にササの幹が刺さってる^^
人の仕業じゃありません
熊の仕業でもありません
落ち葉を芽を出したササが突き破ったら
こがんなっただに^^


f0214649_01311460.jpg

f0214649_01354157.jpg

地蔵堂で先に行ったdonちゃんが休む


f0214649_01354222.jpg

ヌルデの花→シオデの花
初見?


f0214649_01354108.jpg

ヤマボウシ


f0214649_01390787.jpg

これってなんの実?
写真撮った時は判って撮っただに・・・
忘れてしもたに

思い出した^^
ヌルデの実


f0214649_01390738.jpg

f0214649_01390713.jpg

エンレイソウ群落


f0214649_01421225.jpg

権現滝はスルー


f0214649_01421229.jpg

ウリノキ


f0214649_01421128.jpg

ヤブデマリ


f0214649_01421121.jpg

駐車場がもうすぐになると
ツルアジサイが大木をがんじがらめ


長いシリーズお疲れさまでした
やっと下山しました


次回の大万木山は
とびちゃんツアーのほんとにっほんとの最終回
7月2日(日)
三瓶ヘボ合宿を抜け出してのツアーになります



ごきげんよう さようなら






[PR]

by tombee-yanaze | 2017-06-06 04:27 | 山陰の山 | Comments(17)

青嵐の大万木山④

③からのつづきです

f0214649_03202538.jpg

f0214649_03202484.jpg

ブナの森に入りました
ブナの森を歩くと心安らかになるんです


f0214649_03202591.jpg

下では実になっていたユキザサ
標高を稼ぐと残り花


f0214649_03261837.jpg

ツクバネソウ


尾根に出て

f0214649_03272449.jpg

サワフタギ


f0214649_03272436.jpg


ナンダロ花
たぶん
タンナサワフタギ


f0214649_03272433.jpg

コマユミ


f0214649_03352114.jpg

f0214649_03352032.jpg

ウラジロナナカマド


f0214649_03364552.jpg

コバノガマズミ
秋に紅葉する木ばかり


f0214649_03364508.jpg

ホウノキ
朴葉味噌は口にホオばって食べます

昨日記事に嘘こいてました。
トチノキ訂正しました。
トチっちゃいました。



f0214649_03451094.jpg

サワフタギ
この株は咲き始め


f0214649_03451097.jpg

f0214649_03451056.jpg

f0214649_03501629.jpg

f0214649_03501689.jpg

これって
タニギキョウ


f0214649_03555413.jpg

f0214649_03571735.jpg

f0214649_03571661.jpg

ユキザサ
まだこんなにきれい


続きは明日


おきげんよう さようなら





[PR]

by tombee-yanaze | 2017-06-05 04:30 | 山陰の山 | Comments(8)