カテゴリ:ふるさとの山河海( 83 )

9月26日朝と夕

9月26日(火)終日天気マーク
5:30にやどを出て
いつものコースを歩地散歩

f0214649_04010881.jpg


f0214649_04012148.jpg


f0214649_04015468.jpg


恵比寿さんレベルから


f0214649_04020095.jpg


掛戸に出ると波根湖一面霧の海


f0214649_04042982.jpg


エノコログサ

御来光狗尾草の朝の影
くるくると巻けば吾犬狗尾草
歩地爺


f0214649_04162995.jpg


夜明け前橋を渡ると霧の海
歩地爺


f0214649_04181917.jpg

f0214649_04184933.jpg

霧にかすむ空


f0214649_04195803.jpg

6:26太陽が顔を見せた


f0214649_04205629.jpg

霧にかすむ柳瀬集落


ノビタキが来た

f0214649_04215803.jpg

f0214649_04222713.jpg

f0214649_04224643.jpg

10日ほど前から渡ってはいたが
今季初撮り


f0214649_04243916.jpg

鷺霧に隠れたつもりで逃げもせず
歩地爺


夕散歩

大川から掛戸へ
踏み切り待ちしてる間にいい感じ
寄ってみた

f0214649_04282624.jpg

f0214649_04284844.jpg

f0214649_04292358.jpg

18:00
落ちてからがきれいだども
やぶ蚊に喰われまくって退散


f0214649_04315319.jpg

柳瀬の港


f0214649_04323332.jpg

弦月の赤く染まりし雲に乗り
歩地爺



今日の午後から雨予報


ごきげんよう さようなら






[PR]

by tombee-yanaze | 2017-09-27 04:19 | ふるさとの山河海 | Comments(10)

エキ・カラ静間駅から鬼村鉱山

鬼村の鬼岩からもう一か所行くことに

f0214649_14214359.jpg


大田WEBリンク


今は没落しただども
昔の大田市はすごかった
久利松代・五十猛・鬼村の三鉱山で最盛期には
日本の石膏60%を産出うしちょったとは・・・
石膏が薬に使われちょったのも知らんかった



f0214649_14304273.jpg


やどの方では「なだら」
温泉津の方では「ハデ」
佐渡では「ハゼ」
全国区では「稲架(ハサ、ハザ)」だろか??


f0214649_14373187.jpg


フサフサのヤマジノホトトギス
こがなまげなのはこっちでは珍しい


f0214649_14365785.jpg


盗人の足跡
ヌスビトハギ


1kmほど歩くと

f0214649_14432677.jpg


旧大阪石膏の坑口のひとつ


f0214649_14424667.jpg


f0214649_14464869.jpg


スイッチバックのレール跡
勤めちょっちゃったおじいさんの記憶を元に
今年の4月に探索しトロッコのレールを見つけちゃっただげな
このレール静間駅まで敷いてあっただげな


f0214649_03511241.jpg


トロッコ巻上機の基礎


f0214649_03511271.jpg

石膏洗浄場の跡


f0214649_03543269.jpg

落っこちていた
石膏の原石


f0214649_03560475.jpg


鬼村の里へようこそ


帰りの列車まで1時間
急がなきゃ


f0214649_03560494.jpg


鬼岩越えて


f0214649_03560465.jpg


立派な祠のお地蔵様


f0214649_04000026.jpg


遠く微笑む三瓶山


f0214649_04000015.jpg


静間駅前
4kmを30分で歩いちゃいました
スポーツレベルですね^^

敬老日国旗掲げる里静か
歩地爺


f0214649_04000063.jpg


f0214649_04062927.jpg


大田駅でゆるキャララッピングの特急待ち


大田駅で4人
久手駅で2人
波根駅でtombee
出雲駅でひとり
下車
他は車のエキ・カラでした


ごきげんよう さようなら






[PR]

by tombee-yanaze | 2017-09-26 04:18 | ふるさとの山河海 | Comments(9)

エキ・カラ静間駅から鬼村の鬼岩

台風18号が去った9月18日
「開催しますよ」の連絡


f0214649_04211672.jpg

波根駅から神楽面のローカル列車で静間駅


f0214649_04225228.jpg


13:00静間駅を出発


f0214649_04225260.jpg



彼岸花の咲き始めた土手を鬼村を目指す


f0214649_04225235.jpg

f0214649_04225320.jpg


台風で増水した静間川の支流


f0214649_04254598.jpg


キツネノマゴ(狐の孫)
ずっと狐の胡麻だと思っていた。。
狐は油揚げに胡麻を塗したのが好きかと・・・


f0214649_04254543.jpg


こっちでは白花の方が少ない
ゲンノショウコ


f0214649_04254545.jpg


オトコエシ


f0214649_04254485.jpg


約束は破っちゃ駄目よヤブランで
鬼村へ道秋の花女人(ひと)も花
歩地爺


f0214649_04280885.jpg


センニンソウ


f0214649_04280847.jpg


シラヤマギク


約3kmの道のり

f0214649_04300939.jpg

鬼村の鬼岩

2011.11.18.白いカラスを見に来たが見つけられずここへ

その時の記事
『昔、近くの山に住む鬼が城を造るために、
この岩をつかんで運んで積み上げたものだげな。
急崖表面にあるいくつもの窪みは鬼がつかんだ5つの指の跡だげな。
この奇岩は鬼村のシンボル的存在であり・・
鬼村の地名の由来もこの岩からきちょるげなです。』


f0214649_04301088.jpg

鬼村の鬼を慰め曼殊沙華
歩地爺


鬼岩に登ってみる

f0214649_04300959.jpg

かなりの急坂


f0214649_04370630.jpg

手すりわきに

鬼岩の鬼の好むか女郎花
歩地爺


f0214649_04401414.jpg

ママコナ


f0214649_04404134.jpg

馬頭観音


f0214649_04413310.jpg

f0214649_04413335.jpg

凝灰岩で・・・云々
地学の先生から聞いた話も
1週間経ったら、みんな忘れた後遺症。。
どがもならんに。。

f0214649_14172713.jpg
(追記)


f0214649_05045666.jpg

ウラギンヒョウモン


f0214649_05071331.jpg

鬼村自治会の手厚いおもてなしに感謝
お土産のブルーベリージャムは最高でした
鬼村産の木炭を買いに来なきゃ



続きは明日


ごきげんよう さようなら







[PR]

by tombee-yanaze | 2017-09-25 05:12 | ふるさとの山河海 | Comments(14)

エキ・カラ久手駅

9月3日(日)
午前中は大久保間歩
午後からエキ・カラ久手駅へ
大忙し

f0214649_03161197.jpg


エキ・カラ
100周年を迎えたJR山陰線
今回は久手駅から波根西の珪化木を訪ねるウォーキング


f0214649_03234758.jpg


高砂(たかすな)会館
現在は原口区・駅前区の自治会館として使用
昭和9年に「久手信用購買販売利用組合会館」として建設された
当時としてはとってもモダンな木造4階建
設計は久手出身の岡田孝男氏(京都帝国大学卒)
スパニッシュ様式を日本に紹介した武田五一教授に師事
大阪・三越住宅建築部時代の設計らしい

その後 久手町役場(tombeeが子供のころはそうだった)
大田市役所に業務が移ってから自治会館になったのかな?


久手港へ

f0214649_03234704.jpg


久手港が整備築港されたのは昭和三年
市場から繋がる内側の防波堤が老人波止
三角形の波消しブロックが先端に残る
築港工事で相当の数の珪化木が揚げられたらしい
この海底ごろごろしちょったげな


f0214649_04031400.jpg


f0214649_04031321.jpg

久手の廻船問屋のひとつ岡田家の本家
蔵兼用の土塀も今は廃屋


f0214649_04055075.jpg


岡田分家を経て


f0214649_04062543.jpg


魚見から久手の街並み
中央に高砂会館


f0214649_04073816.jpg


机島へ


f0214649_04073945.jpg


f0214649_04073829.jpg


国の天然記念物「波根西の珪化木」
1300~1500万年ほど前の樹木が石化したもん
日本海が形成された頃に海岸付近の火山活動の
土石流で押し流され堆積した
この海底にはまだまだたくさんの珪化木が転がっちょーげな

珪化木:材の組織に珪素が沈殿して有機物と置き換わったもの
成分的にはメノウやオパールに変化しえいるげな

炭化した黒い柔らかいもんは珪化木になり切れなかった
火砕流で流されたもんだげな

秋の波痩せて細りし珪化木
歩地爺


f0214649_04190348.jpg


苅田神社
竹下弘翁頌徳碑の台座が珪化木だった
灯台元暗し・・知らんかった。。

f0214649_04240997.jpg


掛戸
たびたび洪水になる波根湖の水を排出するために
鎌倉時代に有馬次郎左衛門が7年かかって開削しただげな
大正時代の潮止め堤防が残る


f0214649_04240975.jpg


tombeeが生まれた昭和25年に干拓が終わった波根湖
湖水を排出した干拓事業は日本初
右奥が排水機場
ここの経験が八郎潟に行ったげな


f0214649_04335656.jpg


tombeeが卒業した久手中学校は
国体の時島根県唯一の競輪場に変わった


f0214649_04353307.jpg


最後は久手小学校エントランスの珪化木
久手築港で引き揚げられ
岡田さんちにあったもんを
寄贈しちゃったもんらしい

久手小学校校歌三番
♪景色妙なる 掛戸の地
神秘ただよう けい化木
愛の山河の ふるさとに
文化の花を さかすのだ
ぼくも わたしも 誇りもて
さあ 希望の歌を歌おうよ


次回エキ・カラは9月18日静間駅から鬼岩
彼岸花がきれいだろうが・・
tombeeは行かれんだに。。




ごきげんよう さようなら





[PR]

by tombee-yanaze | 2017-09-10 04:52 | ふるさとの山河海 | Comments(14)

清瀧

とっともかっかも留守で・・・
ばんが退屈そうにひとり遊び

じいじと山の方にでも行ってみっか^^

f0214649_21492690.jpg


タチツボスミレ
あっちゃこっちゃにばんばん咲きだした


f0214649_21492668.jpg


いつの間にかチャルメルソウも^^


f0214649_21444190.jpg


ショカツサイ(ムラサキキハナナ)


f0214649_21444241.jpg


タネツケバナ


f0214649_21444262.jpg


フキノトウも林の大木


f0214649_21444384.jpg


ならば、葉を広げ始めた小さな蕗を摘んで
丸ごと佃煮
これがまた絶品
とっとは大喜びだった


f0214649_21464723.jpg


水場にはこコケ青々し
スギゴケでいいのかな?



f0214649_21464749.jpg


f0214649_21464714.jpg
ミヤマカタバミも競ってる

f0214649_21492614.jpg


カンスゲ


f0214649_21515268.jpg

この辺りの山には多い花
ツルカノコソウ
これが咲き始めると春たけなわ



f0214649_21523517.jpg


なんて・・ばんにお花ちゃんと語らいを
と、思うのだが・・・



f0214649_21523669.jpg


ばんは軽トラの上で遊んでいる^^
もち、走ってる時は荷台じゃないですよ

うしろのモミジも赤ちゃん手の赤い芽の芽吹き

ここまで来たなら・・
久手の名所清瀧に連れて行ってやろう

f0214649_21523571.jpg


車をデポして

落椿踏んで清瀧地蔵坂
歩地爺

f0214649_21534522.jpg


小滝


f0214649_21534540.jpg

清瀧

f0214649_21534520.jpg

f0214649_21534498.jpg


伝説の滝壺広し水温む
瀧音の芽吹き小さく震わせり
歩地爺


島根県でも有数の瀧だでなん

桜はまだつぼみのまま
農大の桜チェックから一日経って
少し色づいたかな?程度



おきげんよう さようなら











[PR]

by tombee-yanaze | 2017-04-03 04:41 | ふるさとの山河海 | Comments(14)

美しい朝

10月20日(木)美しい朝でした。

プライベートビーチから掛戸の踏切を渡ると・・・・
f0214649_4235845.jpg
波根湖揚水機場の建物の間から朝日が・・・


f0214649_4261748.jpg
波根湖干拓地は霧の湖

     干拓地四半世紀の霧の湖     歩地爺


f0214649_4281128.jpg
エノコログサが光り輝く


f0214649_4291148.jpg
なんもかんも・・ボヤーっと輝く^^


f0214649_430149.jpg
枯れ始めた草の実が輝く


f0214649_431648.jpg
たんぽぽのボンボリさんも濡れ光る


f0214649_4321160.jpg

     のびたきの影もまたよし朝の土手     歩地爺


f0214649_4342682.jpg

f0214649_4353282.jpg

     朝霧に濡れて重たし蜘蛛の糸    歩地爺

蜘蛛の巣ってこんなに多いんだってことに驚き



おまけ・・・この朝に逢った鳥たち
f0214649_442610.jpg

f0214649_4433335.jpg

f0214649_4435375.jpg

f0214649_4441467.jpg

またまたキョウジョシギの幼鳥
幼鳥の逸れ鳥って大丈夫? 若鳥なのかな??
⇒図鑑とにらめっこしてつらつら考えるに・・・
幼鳥じゃなくて、冬毛なんじゃないだろうか?
派手な色は夏の婚姻色なんじゃないか。と思う。

海岸の小石に紛れてちょろちょろ走り回るから・・・
何処にいるのか判らなくなっちゃうんです。。


f0214649_4465322.jpg
小さな用水を走って逃げた・・・
チョウシャクシギ??


f0214649_448942.jpg
逆光の中の影だったノビタキ
冬毛に変わり始めたアイシャドウ



ごきげんよう さようなら。




[PR]

by tombee-yanaze | 2016-10-24 04:51 | ふるさとの山河海 | Comments(12)

プライベートビーチの日没

プライベートビーチの日没は19:30頃

6月2日の日没
f0214649_5223919.jpg

f0214649_5225882.jpg

f0214649_5231184.jpg

f0214649_5234589.jpg



そして日没後30分の20:05頃
f0214649_525176.jpg

f0214649_5252911.jpg



同時刻、南東に赤く輝くスーパーマーズ
f0214649_527946.jpg

     梅雨近し赤く輝く大火星    歩地爺

梅雨入り後の6月5日の日没
f0214649_5284863.jpg

f0214649_529550.jpg

f0214649_5291725.jpg

     梅雨入りもどこ吹く風の落暉かな   歩地爺


ごきげんよう さようなら。




[PR]

by tombee-yanaze | 2016-06-07 05:33 | ふるさとの山河海 | Comments(14)

石見銀山・仙ノ山ウォーク③

②からの続きです。
f0214649_21415986.jpg
石銀千軒住居跡
現在は大森の町にお下りた清水寺もここにあった。
灰吹き法で製錬した遺跡が見える
なんじゃかんじゃいっぱい出てきて・・
びっくりぽんで大騒ぎになった場所。


f0214649_21445041.jpg

f0214649_21451199.jpg
話には聞いていた子供の墓石
この時代・・子供が死ぬのは珍しいことじゃなく
墓石を作るってことは裕福な証拠
下で作って担いで上がったため、中を繰り抜いて軽くしてあるんだげな。

光雪童子・・・真っ白な雪明りの夜に亡くなったんでしょう。
いい戒名をもらいましたね。

     目に青葉墓標の語る冬景色
     風薫る墓標の語る銀の山       歩地爺


佐毘賈山神社へ下山開始です。
ここからはtombeeは初めての道。
f0214649_21501198.jpg

f0214649_21502636.jpg

f0214649_21504068.jpg

f0214649_21505822.jpg

f0214649_21515884.jpg
トキワイカリソウの季節です。


f0214649_2153523.jpg
土橋


f0214649_21533228.jpg
この辺り、当時は木がなくて見晴らしのいい場所だったげな。
岩に腰かけて一服。米を噛んだ場所。


f0214649_21545836.jpg

f0214649_21551198.jpg
道両側にフデリンドウ^^
今年初見はルンルンですね^^


f0214649_21555489.jpg

f0214649_2156277.jpg
竹に覆われた平坦地が現れる。
住居跡。

     銀山の歴史を覆う竹の秋     歩地爺


f0214649_21574999.jpg

f0214649_2158799.jpg
明治大正から昭和初期の比較的新しい墓


f0214649_21592170.jpg

f0214649_21593750.jpg

f0214649_21595332.jpg

f0214649_2201017.jpg

f0214649_2202785.jpg

f0214649_220425.jpg
佐毘賈山神社
祭神は金山姫・埴山姫・木花咲耶姫+α命
鉱山系の神様+合祀の神様、らしい。。


f0214649_2235265.jpg

f0214649_2242289.jpg
龍源寺間歩コース道にでると・・・
すっかり新緑。。
okamotsu-chanがいなかったから・・・
♪ある日 森の中 クマさんに出会った^^♪はなし。。
あった方がいいな^^


ガイドの会の皆様 お疲れ様でした。ありがとう。
頑張ってくださいよ^^


ごきげんよう さようなら。





[PR]

by tombee-yanaze | 2016-04-21 04:39 | ふるさとの山河海 | Comments(10)

石見銀山・仙ノ山モニターウォーク②

昨日の、 のけぼしさんのブログはとってもいい記事↓が出てました^^
http://blogs.yahoo.co.jp/nokebos/57441682.html

一昨日、電気が復旧したようです。
でもまたしても震度5強が・・・。
ええ加減に収束に向かって欲しもの。

さて・・・・
f0214649_4253326.jpg
釜屋間歩
後の備中守安原伝兵衛が掘った釜屋間歩
昨日の登美子さんのコメにあったように・・・
ここから出た石見銀を山ほど貰った家康が喜んで・・・
「辻が花染丁子文道服 」を送ったことでも有名ですね。
本物は京都国立博物館、世界遺産センターにはレプリカが展示されています。

今回は歴史のお勉強じゃなくて・・ウォーキングってことで・・・
ガイド氏もサラッと^^

石見銀山ガイドの会が現在商品化しているコースはここまで。
来年度は新たなコースをってことでのモニタリングなんです^^

来月は鞆の浦コースを行くんだそうですが・・
5月は第三・第四土曜日はふさがっています。。
変更できませんか?


更に登ります。
f0214649_4382545.jpg
これも露頭掘りの跡


f0214649_4393395.jpg
シャガ
なぜかシャガールの「ライオンと鳥」を連想^^
この写真の題名は「シャガとライオン」にしましょう^^
まっちゃん ごめんね^^


f0214649_4433376.jpg

f0214649_4434878.jpg
トキワイカリソウ


f0214649_44415100.jpg

f0214649_444592.jpg
ナルコユリは準備中


f0214649_4455352.jpg

f0214649_446614.jpg
ツルカノコソウにエンレイソウ


f0214649_451559.jpg

     落椿山師通いし夢の道    歩地爺


f0214649_4534299.jpg
遠くにコブシ


f0214649_4543345.jpg
斜面全体にタチツボスミレ


f0214649_4551681.jpg
千畳敷の東屋でジュールのヘルシー弁当
美味しゅうございました^^


f0214649_4562965.jpg

f0214649_4564654.jpg

f0214649_4565971.jpg

f0214649_4571449.jpg

f0214649_457401.jpg
花咲く千畳敷にブルーシートを敷いて・・・
マットの上で竹の割れる音、小鳥の声を聞きながらお昼寝タイム1時間^^
tabiraさんの♫石見銀山まきあげ節♫で目覚めたかったな^^


この続きはまた明日。



ごきげんよう さようなら。






[PR]

by tombee-yanaze | 2016-04-20 04:38 | ふるさとの山河海 | Comments(8)

石見銀山・仙ノ山モニターウォーク①

石見銀山10周年に向けた、石見銀山ガイドの会有志による・・
銀山柵内の仙ノ山ウォーキングのモニターウォークに出かけました。

f0214649_21584342.jpg
銀山公園から・・・


f0214649_21593933.jpg
群言堂本社に鯉のぼりが泳ぐのが見えるバス停から・・・


f0214649_2205071.jpg
路線バスだけど貸し切りバスに乗って・・・
世界遺産センタ―へ
大久保間歩のある本谷地区へ車を乗り継いで・・・


f0214649_2233646.jpg
原田駐車場で記念撮影


f0214649_2251376.jpg
正面の山が仙ノ山、銀を産出した銀の山
露頭掘りの崖が見えます。


f0214649_2265438.jpg
本谷口番所跡
ここからが柵内の石銀(いしがね)地区


f0214649_2292925.jpg
金生坑まで竹チップと土と??を混ぜた歩道?が新設。
なんじゃこれは??


f0214649_22124528.jpg

f0214649_2213024.jpg
この辺りから・・・
ハクサンハタザオの群生にキケマンやカキドオシが花盛り


f0214649_2216472.jpg

f0214649_2217199.jpg
金生坑の標はハクサンハタザオに埋もれていい感じ^^


f0214649_22182778.jpg
どっかから逃げ出したボケの花


f0214649_22211032.jpg
初代奉行大久保長安の開発した大久保間歩・・
今回は通過。tombeeは過去3回入っています。


f0214649_22202435.jpg
振り返ると三瓶山。


f0214649_2223677.jpg
岩に四角の穴
工夫の練習の跡だとか。


f0214649_52407.jpg
露頭掘りの跡
鉱脈は東西に走っている。
今歩いているのは横相だから南北に横断。

ところどころに大きくなり過ぎたタラの芽があるが・・
世界遺産の中は撮ったらいけんげな。。


f0214649_571054.jpg

もうすぐ釜屋間歩。


この続きは、また明日。


ごきげんよう さようなら。






[PR]

by tombee-yanaze | 2016-04-19 04:42 | ふるさとの山河海 | Comments(12)