2017年 11月 09日 ( 1 )

足助ヘボ合宿⓷*くしはらヘボまつり⓵*

11月3日(金)
足助合宿2日目

f0214649_20444216.jpg




白鷺温泉やな場
白鷺温泉は面さんちの道路向かいの温泉旅館
やな場はとっても懐かしい
延岡在住中
五ヶ瀬川のやな場で毎年わいわいやったもんなんです

誰も居ぬ簗場にひとり佇みて
歩地爺


合宿の最大の目的
くしはらヘボまつり(全国ヘボの巣コンテスト)は毎年11月3日
前回の足助ヘボ合宿は11月25日だったかな?
だから、今年は絶対来なきゃぁのヘボコンだったんです

あちこちでヘボの巣コンテストはあるようだが・・
頭に全国の冠を被るのは、ここ串原だけ


f0214649_20531965.jpg



f0214649_20533355.jpg



ヘボの聖地「串原」に立つ「ヘボ友好の碑」と碑文

「増やそう地蜂・守ろう自然」のスローガンが素晴らしい
豊かな自然が維持できなければ地蜂は減少の一途をたどります
自然を愛する人しかヘボはできません

三宅尚巳元会長は森の名人
ヘボの生掘りを始めた人でもあるらしい


f0214649_04324159.jpg


会場には長蛇の列
ヘボの巣購入の順番の整理権を貰うんだげな

「入場」は自己責任で^^


f0214649_04360092.jpg



f0214649_04401468.jpg


BUNさんも正装して入場


出品するヘボの巣の受付番号はNo.149で終わっていたような
全国のヘボキチの自慢の巣箱がここに結集


作れるかどうか別にして
tombeeが挑戦してにたいと思う巣箱

f0214649_04410369.jpg



f0214649_04410253.jpg


盆栽を被った巣箱
暑さ対策にいいかも


f0214649_04423144.jpg


土中飼育してみたい植木鉢の巣


f0214649_04434077.jpg



オーソドックスな巣に
個性が入った豊かな巣が150個余り
軽トラに乗って


f0214649_04453006.jpg


恵那農業高校のHEBO倶楽部が造った
「恵那串原へぼミュージアム」のオープン
右から2人目は三瓶ヘボ合宿にも見えた
全国地蜂連合会の高橋会長

衆議院議員・市長はじめ教育関係者
これぞ町起こし


展示品の中に

f0214649_04514261.jpg


「島根県にも!」
福西流星君の名がヘボの聖地のミュージアムに登場しました


f0214649_04534968.jpg


チラーも個性豊か


f0214649_04545724.jpg



燻しが始まりました


f0214649_04552554.jpg


計量は三瓶ヘボ合宿にも来ていただいた
立教大学の野中教授


f0214649_04563973.jpg


最重量の巣の予想の応募は150名で〆切り


f0214649_04590040.jpg



取り出した巣が並び始めました
今年の取引価格は8,000円/1kg
例年は10,000~9,000円らしいから幾分安いようです


f0214649_05025903.jpg



1回目の燻しが終わると


f0214649_05050988.jpg



次のヘボの巣が入ります

今年最大の巣は
やっぱり常勝のH氏(前日ヘボハウスを見学させていただいた)
1・2位独占で6kg何某だったらしい


f0214649_05085717.jpg



早々とビールを口に入れるtaka会長
「わぁ~ ヘボがビール飲にに来たに」
「飲めらせんに!」
と宣っておられました


続きはあした



ごきげんよう さようなら





[PR]

by tombee-yanaze | 2017-11-09 05:10 | ヘボ | Comments(10)