2017年 09月 08日 ( 1 )

大久保間歩福石場

今年は石見銀山世界遺産登録10周年
いろいろと盛り上がっています
大久保間歩も福石場まで公開エリアが拡大整備されました
9月3日
高山公民館の講座で大久保間歩ツアー
行ってきました

f0214649_04174195.jpg


金生坑
明治期には大久保間歩の水抜き孔として使われたとか


f0214649_04204273.jpg


大久保間歩
個人的には4回目


f0214649_04204302.jpg


明治期のトロッコ枕木が続く
半分から上は手鏨の跡
半分から下は削岩機のドリル跡
発破掛けたげな

コウモリが飛び交う
コビナガコウモリ・キクガシラコウモリ・モモジロウコウモリ・テングコウモリがおるだげな
冬はここで越冬するけ大久保間歩は閉鎖


f0214649_04204255.jpg


竪坑の上にブリッジが架けられ


f0214649_04322718.jpg



竪坑を見下げてブリッジを渡る


f0214649_04335035.jpg

暗くてよーわからんけど
広さ200㎡ 高さ20mの福石場
鉱脈だなてここ全体からどかんと良質の銀鉱石が採掘されたげな
そいで福石

順番待ちの間に・・・


f0214649_04391854.jpg


気温は一年中12℃


f0214649_04391835.jpg



銀だないでなん
カビだげな


f0214649_04391813.jpg

同級生4人組
土方スタイルが一番似合うのはやっぱり・・・^^


釜屋間歩まで

f0214649_04425776.jpg

鼻繰り岩
温泉津沖の泊には船を舫うためにあった
ここでは荷役の牛やらを繋いだだげな


釜屋間歩

f0214649_04455384.jpg

f0214649_04455433.jpg


f0214649_04455474.jpg


f0214649_04455345.jpg


遺跡調査に携わった学芸員さんの説明は
ガイドさんとちょいと違ってまた興味深いものだった
安原伝兵衛さん
運上銀を年間3600貫 13.5t
世界に向けて出したげな


f0214649_04482859.jpg


taka会長が採らなくなった
ベニバナボロギク


f0214649_04482895.jpg


ミゾソバ
毛まで確認せんかった。。
毛があれば、ママコノシリヌグイ


f0214649_04563901.jpg


ヤマハタザオ


f0214649_04592400.jpg


本谷口番所跡のお仙稲荷大明神


高山公民館の皆様
世界遺産センターの学芸員さん
市役所石見銀山課のみなさん
ありがとうございました。


おまけ
お蔵入りしそうだった
8月22日の波根湖放牛場と周囲の草

f0214649_05030434.jpg


雲の峰・・あとが出んだに


f0214649_05030398.jpg


ここにはないかと思ちょった
カワラケツメイ

f0214649_05030461.jpg


おぞげなホオズ➡ヒロハフウリンホウズキ
(by 山小屋さん)




ごきげんよう さようなら





[PR]

by tombee-yanaze | 2017-09-08 05:13 | ふるさとの歴史・文化 | Comments(17)