NWなぎさ定例会12月11日

f0214649_05220848.jpg


「12月10日まで」配達指定の宅配便を受け取った
なんだ??
NWなぎさ産みの親
滋賀県の木島先生からだった
「みなさんで召し上がてください」
の添え書き


f0214649_05265897.jpg


参加するって言われてて・・
用ができて・・・
律儀な先生に
ありがとうございました

寒波襲来ですげぇー風の中
風除けて町歩き

f0214649_05295979.jpg


f0214649_05300768.jpg


f0214649_05301569.jpg


久手まちセンから西川抜けて迫方向へ
途中から砂丘を抜けて

tombeeも初めての道
昔畑今草地


f0214649_05325973.jpg


曹洞宗眞光寺
今は住職さんが不在の寺らしい
参加者は14人
ちゃんと数えたから間違いないですよ^^
BUNさん

コメ読んでもう二回数えたら15人だった

やっぱり後遺症

f0214649_05372339.jpg


少年少女のときに習字を習いに来たという古老多数^^


f0214649_05380668.jpg


仕明の医者通り
大沢歯医者 小野医院 木島医院


f0214649_05392116.jpg


路地を抜けて高砂会館


f0214649_05395549.jpg


松林寺


f0214649_05453007.jpg


観音寺

f0214649_05451106.jpg


大森銀山の芋代官井戸平左衛門正明さんの
頌徳碑が
こんなとこにも


f0214649_05533905.jpg


久手駅抜けて


f0214649_05541159.jpg


まちセンで木島先生からのラスクを戴き
今年の定例会を無事終了しました

ありがとうございました

来年は1月8日から定例会を始めます




ごきげんよう さようなら




[PR]

by tombee-yanaze | 2017-12-14 05:58 | ノルディック・ウォーキング | Comments(8)

Commented by 村夫子BUN at 2017-12-14 07:27 x
14人?何故私に?
ま、確かに14人ですけどTombeeさんは数に入らないの?
takaさんも見えないですねえ。
芋代官、サツマイモを奨励したんですよね。
でも一寸…。
Commented by 登美子 at 2017-12-14 09:27 x
ごきげんよう!
いいですねぇ。NWなぎさ定例会!
寒波の中、闊歩する姿は素晴らしい!
曹洞宗真光寺さんの客殿からの眺めは絶景でした。
松林寺そして観音寺、井戸さんの顕彰碑を回られたのですね。
古人が偲ばれます。今を綺羅星で輝いてね。
Commented by 山小屋 at 2017-12-14 10:23 x
最初の集合写真は撮影者も含めて11名・・・
お寺での集合写真は15名・・・
でもマスクをしていると誰が誰だかわかりませんね。
takaさんは背が高いのでよく目立ちます。

歩いたあとの親睦会・・・
アルコールはなかったのですか?


Commented by だんだん at 2017-12-14 20:38 x
先生からの包みだけ見せられて・・・
最後にラスクと分かってホッ♪
やっぱり気になるんですよ~

凄く寒そうですが、しっかり歩かれましたね。
マスクは、自転車移動には欠かせなくなりました。
Commented by tombee-yanaze at 2017-12-15 05:38
◎村夫子BUNさん
さすがBUNさん^^
やっぱり後遺症で数が数えられなくなったtombeeをサポート^^
takaさんいますよ。真ん中左でボサーっと^^
でも一寸・・これも後遺症^^
Commented by tombee-yanaze at 2017-12-15 05:43
◎登美子さん
闊歩?? ほど遠い^^
 背を丸めマスクで隠しウォーキング
久手にいながら真光寺には初めて行きました。
今は円光寺さんが兼務されてるらしいですね。
松林寺の井戸さんの顕彰碑も初めて知りました。
町内でもわからんこと知らんことが多々ですね。
Commented by tombee-yanaze at 2017-12-15 05:46
◎山小屋さん
最初の写真は8:55撮影・・
まだ来てない人がいるってこと^^
仲間だとマスクしててもわかりますよ

NWでも俳句でも・・忘年会とて酒は出ませんね^^
17日は俳句の忘年会^^ 酒を持ち込みますかね。
Commented by tombee-yanaze at 2017-12-15 05:48
◎だんだんさま
はは^^ 律儀な先生です。
この日は西風が強かった。
自転車だと倒されるほどの風。。
風向きに逆らって進むのも困難なくらいでした。