鰐淵寺から鼻高山②*遥堪峠から鼻高山

①からの続きです。

まったり癒しの苔の道が途切れると

f0214649_03091349.jpg

杉林
木漏れ日がまぶしかった


f0214649_03155085.jpg


f0214649_03110135.jpg

杉林を抜けると遥堪峠の十字路
北山尾根縦走の分岐に到着
まっすぐ進むと出雲大社
昔は海岸線ではなくこの道で出雲大社に詣でたんだろうな
どうやら「天平古道」らしい

「遙堪(ようたん)」とはその昔、斐伊川が注ぐ菱根池という大池があり
「遥かに水を湛える(たたえる)」が変化して「遙堪」
この峠から昔はその池が見えたのかも


さて尾根を鼻高山へ向かいます

f0214649_03321227.jpg

f0214649_03323140.jpg

ちょうど5年前に出雲大社から弥山に登った時は
マツクイムシにやられた倒木だらけで
やれんかった

面の木さん、山小屋さんと初めて会ったのもこの時
懐かしいからリンクしておきましょう



大黒山 天ヶ峰を過ぎて・・

f0214649_03492972.jpg

ちょっと余分な30分

天ヶ峰に戻って昼飯


f0214649_03492998.jpg

中の小峰を過ぎた辺り

長連峰を過ぎると

f0214649_03515459.jpg

矢尾(やび)峠


f0214649_03515438.jpg

鰐淵寺からの別ルートの分岐


西峠を越えると

f0214649_03585907.jpg

三方界
いわゆるT字路だに


f0214649_03590065.jpg

キッコウハグマだと思うけど
キッコウナシハグマかも^^


短いけど急坂をハーハー

f0214649_04045370.jpg

13:20鼻高山(536m)到着


f0214649_04064962.jpg

右が薗の長浜日本海
その先に三瓶山がうっすらとだが
写真じゃ無理だなん


f0214649_04091883.jpg

斐伊川を真ん中に出雲平野
家々の築地松がよう見えるに

f0214649_04110347.jpg

海苔で有名な十六島(うっぷるい)の風車群


f0214649_04123819.jpg

誰に会わんけ
セルフタイマー

左から71歳、67歳、66歳(11月末67歳)
歳相応のじいさんだに。。


続きは明日


昨日カミさんが5月に生まれたふたごの孫
リールー君を連れて帰った来ました^^
賑やかになりました



ごきげんよう さようなら


ミサイルの朝ドラ撃破今日の秋
歩地爺




[PR]

by tombee-yanaze | 2017-09-15 04:17 | 山陰の山 | Comments(6)

Commented by 山小屋 at 2017-09-15 06:10 x
なかなか歩きやすそうな登山道です。
ここなら1年中楽しめそうです。

出雲大社の弥山に登ってからもう5年も経つのですね。
私もこの時、面さん、tombeeさんに初めてお会いしました。
懐かしく拝見しました。
これからもよろしくお願いします。
Commented by mcnj at 2017-09-15 07:38 x
お早うございます。

出雲平野へ、山越えで、入っていたのですね。

皆さん、お若いです。
一回り、お若い方も。
Commented by 村夫子BUN at 2017-09-15 08:37 x
弥山の倒木は帰って来た面さんに聞いてよく覚えています。
まだ5年前の事だったのですね。
帰って来た面さんが山小屋さんとTombeeさんの事を話して呉れ、
二人のブログを見てみろと…それが伊吹山から三瓶遠征、石見大田たぶみ倶楽部にまで繋がりました。
Commented by tombee-yanaze at 2017-09-15 09:44
◎山小屋さん
尾根の縦走、少なからずアップダウンの連続で
結構疲れました。
あれからもう5年です。あの頃は・・それでもまだ若かった^^
こちらこそよろしくお願いします
Commented by tombee-yanaze at 2017-09-15 09:46
◎mcnjさん
昔は海岸を行かずに近かった山越えの道を行ったのでしょう。
体は元気でも脳みそのの破壊が進んでいるようです。。
Commented by tombee-yanaze at 2017-09-15 09:49
◎村風夫BUNさん
おかえりなさい。
そうです。5年前の「地球遠足島根編」がすべての始まりです。
これがなっかったらBUNさんも知らず、
ヘボにも縁がなかったでしょう。
出雲の神様の「ご縁」なんです。