DREAM of ARCHTECT *建築家 高松 伸*

1990年3月3日にOPENした仁摩サンドミュージアム(ギネスブック登録:一年計の砂時計)
開館25周年の記念式典があったので行ってきた。
竹下登さんのふるさと創生の一億円で建てられたものです。


第1部 式典

第2部 奈津子ライブコンサート
f0214649_3263991.jpg

ちなみにomakeの記念品は・・・
f0214649_327265.jpg
砂の音色 時の調べ
山陰で活動するシンガーソングライター奈津子さんの5曲入りCD
よい コンサートでした。


第3部 高松 伸 講演会 演題「DREAM of ARCHTECT」
tombeeとってはメインイベント
 高松 伸氏は仁摩町出身のtombeeより二年先輩の著名な建築家
 仁摩やら大田やらからは結構エライ者が出ちょるだに。

高松氏は ARCHTECT  tombeeはBUILDER or SUPERVISORかな。
「DREAM of ARCHTECT」を忠実に形にする商売かな??

f0214649_3424064.jpg

f0214649_3434831.jpg

f0214649_344151.jpg

f0214649_3442675.jpg

     ・
     ・
     ・
f0214649_4102757.jpg
建築家の夢・・9つを熱く語る高松氏・・

は地元から夢を持った子供たちが世界をかけて欲しい。
地元住民が子供の夢を育てるような風土にしてほしい。と語りました。



久々に熱い講演を聴き、刺激になりました。
建築屋だった頃のtombeeを思い出しました^^
田舎に埋没せんようにせないけんでなん。

来賓の先生方の大半はこの講演を聴かずに・・・
奈津子コンサートが終わったらさっさと引き上げられました。
もったいないことだに・・・・。


f0214649_46879.jpg

f0214649_463357.jpg
「高松 伸 建築展」のパンフを買ってきました。

世界を駆ける高松氏の建築展~12月25日まで
f0214649_4202515.jpg



     砂時計四半世紀を刻む秋   歩地爺


ごきげんよう さようなら。





[PR]

by tombee-yanaze | 2016-10-13 04:26 | 日々雑言 | Comments(6)

Commented by 山小屋 at 2016-10-13 07:41 x
たまにはこんなイベントに参加するのもよい刺激になって
よかったのではないでしょうか?
tombeeさんもまだまだ埋没林になってはダメですね。
ヘボの文化を広めてください。
Commented by 登美子 at 2016-10-13 10:02 x
ごきげんよう。
素晴らしい!高松伸氏(ドリーム・アーチィスト)です。
もう、25周年になるのですね。
あのガラス張りの三角形のミュージアムは、フランスのルーブル美術館を連想させます。
あの当時の泉仁摩町長の発案だったのですよ。
この大田地域を、○△□でと発想が素晴らしかったです。
高松伸氏の講演!聞きたかったなぁ。
「建築展」には、行きますよ。
うふふ。ここ大田市は、実は「お宝」が埋まっています。
Commented by ウラン at 2016-10-13 21:01 x
いろんな所へ勉強兼ねて行かれるんだあ・・・・
昔を思い出して・・・でもいいね!
我家付近にもやっとモズがきましたよ~。
電線の上で朝から鳴いてます・・・
まだカメラに入れるには・・遠いわ~~
Commented by tombee-yanaze at 2016-10-14 04:31
◎山小屋さん
こんな話を聞くのもいいですね。
萌えるような話を聞くのは久々でした^^
ヘボ文化・・もちろん広めますよ。
地元文化祭にも出店します^^
Commented by tombee-yanaze at 2016-10-14 04:34
◎登美子さん
郷土の誇りですね。
でも・・大田市は一度も出て来なかったなぁ。
あくまでも仁摩でした。
しゃーないでしょうね。
町長のピラミッド要望で・・エジプトに飛び、群であることに着目したと言ってました。
すごい人ですね。
Commented by tombee-yanaze at 2016-10-14 04:37
◎ウランちゃん
勉強?? この齢でもう勉強はせんでなん^^
tombeeにも燃えた時代があったなぁ^^
板垣・・今日終わりたいね。
忙してやれんに。。