水鳥のお勉強「はじめの一歩」-その②-

f0214649_350449.jpg
午後から宍道湖西岸をバスで移動しながら観察実習
Tombee、ここは今年3回目^^

f0214649_353989.jpg
千羽以上のカモの仲間^^

f0214649_354758.jpg

f0214649_4115699.jpg
ヒドリガモ(緋鳥鴨)
カモ類はガーガー鳴くイメージだけどヒドリガモ♂はピューって笛の音のよううな強い声でなく
♂一番の特徴は頭、褐色の頭に額から後ろ頭にちょんまげの月代のようなクリーム色^^

f0214649_4133492.jpg
カルガモ
優しげな目が特徴かな?

バスの中からガラス越し
f0214649_415305.jpg
手前のマガン群は二番穂を食べちょーに、向こうのはエライ警戒しちょーがなしてだろか??

f0214649_4202584.jpg
マガンの向こうの黒い物体が判か-かなん?
ヌートリアだに^^  近づいてくるけ警戒しちょっただなん。

f0214649_42250100.jpg
マガンててよー見ると額の白い部分の大きさが違うだに。
幼鳥(一番右)は白い部分がないだとなん。 胸も黒いところが多いだに。

f0214649_4252881.jpg
ダイサギ
足の先が黒いでしょ。

f0214649_4312540.jpg
中の洲にタゲリ^^

f0214649_4261443.jpg
タゲリと・・・初めて見る鳥^^
ハシビロガモ

f0214649_4281458.jpg
水に頭を入れてぐんぐん進みながら捕食。おもしろい恰好だに^^
そいで、なかなか顔を上げてごせんだったに。

千羽を超えるカモたちが、ざわめき始め、一瞬でおらんよーになっただに。
f0214649_4333993.jpg
画像が最悪だけど、猛禽君が現れた。
チョウヒ

f0214649_4343651.jpg
こっちに向かってきて、枯れ蘆の中に消えた。
ねぐら入りててゆーだとなん。
チョウヒは蘆の中にこちょこちょっとした巣(塒)を作っちょるだとなん。
時間が早いけ休憩しに帰って来たらしい。
こがなもんはなかなか見られんだげなに。 ラッキー^^

帰りの車窓から・・・
f0214649_4384570.jpg
ドラム缶おじさんたち。
鳥との距離を保って・・・
出来れば車の中から撮ってほしいな。

観察の2時間半で確認できた鳥たちは20種以上^^

このあと鳥のカードを作って・・・
野鳥観察舎でお客様に鳥観察をご案内^^

最後にまとめ^^
f0214649_4471417.jpg
楽しい一日でした。

講師のとよた様はじめスタッフの方々・・
ありがとうございますた。
今後ともよろしくお願いします。

ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2015-02-25 04:49 | | Comments(16)

Commented by 村夫子BUN at 2015-02-25 06:09 x
わぁ~!ヒドリガモもこんな色をしてるんだ。
昨日のUP大丈夫みたいだけど、危なかった。
ハシビロガモ、ハシヒロは判らないけど、ハシナガですね。
Commented by 山小屋 at 2015-02-25 07:48 x
野鳥観察・・・
ここにはたくさんの野鳥がきているようです。
私には大砲がないので、見るだけです。
Commented by 登美子 at 2015-02-25 09:41 x
ごきげんよう。
ラムサール条約のことを、分かりやすく説明してもらいありがとうございました。
このことは、すべて、今の人間界にも言えることですね。
☆ 身近に感じる、関心をもつ、湿地との関わりを次世代につなげる。☆ 生き物との接し方、生き物の生活と人との生活がつながっている。☆ 生き物を知ろう。共生するのには。☆環境について考える、世界観で地球感覚で宇宙感覚で持続可能な時代にどうしていくのか。考える人になろう。私も、赤ちゃんからお年寄りまでの、障がいがあるものも、ない者も共に生きていける社会形成に寄与したいと、考えています。と言うことは、人間さまだけでなく、生きているものすべてとも、共生できる地球にしたいですね。ありがとうございました。
Commented by のけぼし at 2015-02-25 10:44 x
ヌートリアにチュウヒ
鳥さんたちの天敵も多いですね
生きることの大変さを感じます。

ヒドリガモは 秋津川にいっぱいいるから
姿も鳴き声もやっとわかるようになりました

ハシビロさんは砂地で あの広いクチバシを左右に動かして
砂の中の生き物を捕る様子をよく見ます。


タゲリはここ2~3年見ていません
益城の田んぼも住みにくくなったか
それとも途中に素敵な場所を発見してここまで来なくなったのか

鳥さんもじっくり観ないと見えないのかもしれませんね
Commented by eru at 2015-02-25 20:31 x
ヌートリア?外来種でビーバーみたいな?巨大ネズミみたいな生き物でマガン狙ってるの?
チュウヒ見れてラッキーですね~!
今冬、二回も苫小牧から日高寄りの鵡川迄ハイイロチュウヒ見たくて行ったのに駄目でした(ー_ー)
タゲリは良く見かけるんですね~!Tombeeさんのブログでお馴染みになり、実物に出会っても(絶対無いと思うけど)すぐ判ると思うよ(笑)
ハシビロガモも見た事無いです。
収穫沢山の観察会でしたね♪
Commented by ウラン at 2015-02-25 21:32 x
ヌートリアまで出てきたんだあ・・・
鳥たちも外敵がいっぱいいて生きてくのも大変なことだよね~。
チョウヒ・・・・見たことないけど・・・
現れてもきっと確認さえできないかもね・・・・
ドンドン勉強して・・・
頼りにしてますからね~~~
Commented by at 2015-02-25 22:25 x
御無沙汰しております。
先週から体調不良でして、日曜日も失礼いたしました。
何とか戻りつつありますんで、俳句なと…
千羽以上の鴨。見てみたいです。
昔、函館の大沼公園で鴨をマジマジと見た時は本当に感動しました。
あの毛並にはウットリです。

転勤の知らせを聞きて雁渡る 智

人事異動の時期ですね。
他人事の様に思ってますが、明日は我が身。
Commented by tombee-yanaze at 2015-02-26 08:39
◎山小屋さん
大砲がなくても・・双眼鏡があれば大丈夫ですね^^
車の中から観鳥してほしいもんです。
Commented by tombee-yanaze at 2015-02-26 08:43
◎登美子さん
ごきげんよう
ラムサール条約・・・人と自然の関わり。
Tombeeも勉強になりました。
宍道湖は鳥だけではなくてヤマトシジミでも要件を満たしているようですよ。
命ある万物・・・共生していきたいものです。
Commented by tombee-yanaze at 2015-02-26 08:47
◎のけぼしさん
生きていくってことは・・何物にも大変なことですね。
ひどりがも・・カモのガァガァの中では変わってますよね。
砂の中の餌も漁るんですか^^ 見てみたい。
タゲリ・・この辺りは集団でいますよ^^
遠くをじっくり見ないと・・・。いろんな鳥がいるもんです。
Commented by tombee-yanaze at 2015-02-26 08:52
◎eruさん
ヌートリア、巨大ネズミですね。
すごく獰猛な曲がった歯を持ってるんです。
チョウヒ・・ねぐら入りがめったに見られないようです。ラッキーでした。
宍道湖で羽を休めていた鳥たちが一羽もいなくなってしまいました。
タゲリはここでは珍しくもない鳥^^になってしまいました^^
ハシビロガモ・・初めてでちょっと興奮^^収穫多い勉強会でした。
Commented by tombee-yanaze at 2015-02-26 08:55
◎ウランちゃん
何を警戒してるんだろう??って見ていたら、ヌートリア^^
チョウヒ・・先生がおっちゃったけ判っただに^^
頼りにならんだに^^ 知らんもんには適当なこというだに^^
Commented by tombee-yanaze at 2015-02-26 08:59
◎智ちゃん
元気になっちゃったかなん。よかった^^
順番に一家全員^^ 子供が小さいときにはよーあーことだに。
函館にもはるばる行っちゃっただかなん。行ったことがないに。
雁渡るじゃなくて雁帰るがいいだないだろか?
(先生を捕まえて僭越ではございますが・・・^^)
智ちゃんも転勤があーだかなん?
Commented by tombee-yanaze at 2015-02-26 09:00
◎村夫子BUNさん
ヒドリガモ・・日取り鴨と覚えましょう^^って言ってました。
嘴が広い・・ハシブトガラス・ハシボソガラスと一緒です。
ハシナガって?? 鶴ですか??
Commented by さんきら at 2015-02-27 21:58 x
どこにも大砲持って観察?してる人多いですね^^。

チュウヒ、飛んでるのよく撮れましたね~ラッキーラッキー
猛禽類は、どれがどれかが分からない~~^^。
Commented by tombee-yanaze at 2015-02-28 04:58
◎さんきらちゃん
こんな大砲据えてる人は県外ナンバー車の人が多いですね。
通りの世界の距離に入らないように、我々も含め注意しなきゃね。
チョウヒ・・ラッキーでした。
先生がいなきゃ、咄嗟には判りませんね。