北アルプス表銀座⑦*槍ヶ岳-天狗原分岐*

さて・・・ついに3日目最終日・・・

4時起床・・外は満点の星だげなけど・・・
腰が痛いだに。。重いザック背負って長い道のり・・・

f0214649_3541832.jpg
4:30外に出て・・
槍の登山口まで行っただに・・・
「tatsuちゃんは?」
「行かんげな」
「なら・・Tombeeもやめちょくわい」
下山の20km、15:00上高地BT発のバスが心配。。
みんなに迷惑はかけられん。。
前回来たとき・・山頂でご来光を拝んじょーけやめちょくに。

で・・・槍ヶ岳山荘でご来光を拝むことに・・・^^
f0214649_35847100.jpg
槍沢を覆う雲海にご来光

f0214649_403086.jpg
こっちは裏銀座の方向
薬師・・鷲羽・・水晶・・野口五郎の縦走が懐かしい。
お花畑は裏銀座の方が上なのかも?

f0214649_421154.jpg
南岳から前穂のゴジラの背中が見える。

f0214649_4487.jpg
お天道様が出始めたでなん^^

f0214649_45143.jpg
海も山も・・日の出はいいなん^^
f0214649_453665.jpg
テン場の花も色づいて嬉しそう^^

f0214649_463417.jpg
槍影 or 影槍^^
Tombeeのははっきり写っちょらんかったけkuriちゃんからの借り物

・・・で、3人も槍から下りて来て・・・
f0214649_4944.jpg
5:30上高地へ下山開始。

f0214649_495213.jpg
この沢を下りるでなん。
左奥は蝶ヶ岳

f0214649_412184.jpg

f0214649_4123633.jpg

何回も振り返って・・槍にさいなら^^

f0214649_4141079.jpg
殺生ヒュッテ

f0214649_4144698.jpg
キバナシャクナゲ

f0214649_4151441.jpg
雪渓を越えながら・・・・

f0214649_4165276.jpg

f0214649_4171286.jpg
雪渓を染める朝日の眩しさよ

f0214649_4175110.jpg
上と同じ写真だないでなん。
ここは播隆窟・・槍ヶ岳に道を開いた播隆さんが読経を唱えた窟だだに。
前のタオルは忘れ物・・・山に行ったら何も残したらいけんでなん。

f0214649_4205358.jpg
雪渓の上てて・・照り返しがあって意外と暑いだに。

・・・と、
f0214649_4214520.jpg
松ちゃん(右)が道を外れてハイマツの中に・・・!?

雪渓に黄金伝説残す松

「まっちゃ~ん。紙は持ち帰るだでぇーーー!!!」

f0214649_4235881.jpg
もう槍も見納めだいなん。

f0214649_4244357.jpg
前回来たときより花が少ない気がすーに。

f0214649_4254037.jpg
天狗原分岐
快調な下山だに。

今日はここまで。

ごきげんよう さようなら。
[PR]

by tombee-yanaze | 2014-07-31 04:45 | 山旅 | Comments(18)

Commented by 山小屋 at 2014-07-31 07:16 x
雲海から昇るご来光はいつみてもいいですね。
小屋に泊まった人だけの特権です。
あっ!テントもそうでした。

我々はここから飛騨沢を下って新穂高温泉に下りました。
このコースもなかなかよいコースです。
次回はぜひお試しください。
Commented by rollingwest at 2014-07-31 07:21
御無沙汰いたしておりました!北アルプスにいっておられたのですか!槍ヶ岳のシルエットや夜明けの雲海、本当に素晴らしいですね。槍ヶ岳は過去3回登りましたがもう20年以上も御無沙汰ですね~!天狗池も懐かしい~
Commented by のけぼし at 2014-07-31 10:07 x
すばらしい山行でしたね

山荘からの日の出も十二分に美しいです
い~っぱい命の洗濯ができて
これからは何があっても 幸せ気分で
過ごせますね

お疲れ様
私も楽しみました
ありがとう~
Commented by 村夫子BUN at 2014-07-31 10:43 x
えーっ!え~っ!此処まで行って登らないの~っ!?
でもこの下りでは間違いなく私の膝は持ちません。
あと1泊必要です。
しかしTombeeさんと言い面さんと言い羨ましいなあ!
これでそろそろ山小屋さんの甲斐駒の絶景が出て来るんだろうなあ!
精神的に良くない!
Commented by 登美子 at 2014-07-31 11:40 x
北アルプスと聞いただけで、憧れてしまいます。
ましてや、槍ヶ岳山荘からの初日の出を拝むことができるなんて、
なんて素晴らしいことなのでしょう。
お天道様からの、浴びるほどのご褒美いただいたのですね。
まずは、おめでとうございます。
「少欲知足」と言う禅語がありますが、欲望を抑えて、足るを知るということですが、まさに、tombeeさんのことですね。
目の前に、槍ヶ岳が聳えていても、足るを知ることが出来たようですね。うふふ、私なんぞは、このブログのご来光で合掌です。
本当にありがとうございました。お疲れが出ませんように。
Commented by ドレミファそら豆 at 2014-07-31 14:51 x
アルプスで御来光を拝めるなんて・・・なんてお幸せなことでしょう~^!!  望んでもできないことなので、羨ましい限りです。

ブログで御来光を拝ませていただきました。  ありがたや・ありがたや~~!!  <m(__)m>
Commented by ウラン at 2014-07-31 21:10 x
今日もすごいなあ・・・っと。家人も・・・
腰痛も大事に持って行ったんだあ・・・
でも、本当、すごい山・・・そしてそこを登るみなさん・・・
中途半端じゃ無理だわ・・・・
いろんな花達・・・私もバシツアーでも十分いいわあ・・お花畑の山に行きたいですゥ・・。
Commented by tombee-yanaze at 2014-08-01 04:57
◎山小屋さん
何もかも赤く染まる変化がいいですね^^
行かなきゃ見られません^^
飛騨沢コース・・ちょっと調べてみますかね^^
Commented by tombee-yanaze at 2014-08-01 04:58
◎rollingwestさん
年一回の夏遠征でした。
Tombeeは5年前にに言って以来2度目でした^^
やっぱ槍はいいですね^^
Commented by tombee-yanaze at 2014-08-01 04:58
◎のけぼしさん
はい^^ 素晴らしい山行です^^
5年前は山頂から見たのですが・・・
多分変わらないと思いますよ^^
まだ・・上高地までしつこく続くんです^^
よろしくね^^
Commented by tombee-yanaze at 2014-08-01 04:58
◎村夫子BUNさん
腰が痛いからピークは諦めました^^
5年前に登ってなければ・・行ったでしょうが・・。
それぞれの日にもう一泊入れれば楽なコースです^^
お仕事・・ごくろうさまです^^
こぴっと頑張れし^^
Commented by tombee-yanaze at 2014-08-01 04:58
◎登美子さん
雲海をピンクに染める御来光はいいですね^^
なんかめちゃ褒められすぎて・・・こそばいに^^
5年前にてっぺんに登ってなきゃ・・無理しても行ってましたね^^
片道30分で、そんなにきつきはないんですよ^^
こちらこそありがとうございます。
まだ上高地まで続くんです。よろしくです^^
Commented by tombee-yanaze at 2014-08-01 04:59
◎そら豆ちゃん
こちらこそ・・喜んでもらえてありがたやありがたや^^
写真撮った甲斐がありますね^^
Commented by tombee-yanaze at 2014-08-01 04:59
◎ウランちゃん
御無沙汰しておりますが・・・
皆様元気におすごしでしょうか?
近いうちに御尊顔を拝しにう伺います^^
そりゃ中途半端じゃ無理ですよ・・
半分の行程にするとか、ピシッと計画しなきゃ^^
Commented by さんきら at 2014-08-01 19:50 x
泊まった人だけが見れる朝の光景は良いですね~~!
こんな光景が見たくて小屋泊まりしたくなるんだよね^^。

この時期には歩いた事無いけど、まだまだ残雪多いですね~
Commented by eru at 2014-08-02 21:50 x
槍山頂はパスでしたか?
鉄梯子が一番楽だったよ~勿体ないね!
でも登頂経験してるなら良いか(笑)
ご来光はちゃんと拝めたしね♪
雪渓滑りやすくなかったですか?登りなら雪渓の方が楽だけど。
殺生ヒュッテのブログ覚えてますよ。落石のアクシデント危なかったですよね~!
Commented by tombee-yanaze at 2014-08-03 05:10
◎さんきらちゃん
そうだよね^^ この光景は泊まらなきゃ見られないね。
Tombeeは毎年この時期なんだけど・・・例年の通りの雪渓だっらよ。
Commented by tombee-yanaze at 2014-08-03 11:16
◎eruさん
山頂は行けなくもなかったけど・・腰痛で下山の長距離を考えてやめにしました。
ま・・山小屋からのご来光もきれいだった^^
軽アイゼンで大丈夫でした。
でも、照り返しがあって見た目ほど涼しくはないですね。
殺生ヒュッテで身体も心も温めたこと忘れられません。