合掌

f0214649_8461069.jpg
西に沈んだ太陽は・・・

f0214649_8464922.jpg
東から蘇りますが・・・

没した人は蘇ることはありません。

25年間いっしょに生活した義母が行年83歳で他界しました。

ブログ更新が滞りご心配をおかけしました。

Tombeeめは、いたって元気です^^

                      合掌
[PR]

by tombee-yanaze | 2013-08-14 08:52 | 日々雑言 | Comments(10)

Commented by ドレミファそら豆 at 2013-08-14 15:06 x
数日前、同級生のご主人が脳出血で急死されました。
まだ67歳でした。 いたって健康で、何の心配もない人だったので・・・ショックでした。
ただ一つの汚点は・・・煙草をやめられなかったことです。
やっぱり煙草はいけませんね~!

元気に孫ちゃんの成長を見守らなければ~~~ですね。
Commented by ウラン at 2013-08-14 22:04 x
こんばんは~。
とっても心のこもったお別れでしたね~~。
暑い時期、お二人とも疲れが出ませんよう・・・。

*我が家二人だけのお盆です。
ミツバチたちも少し元気ないかも・・・様子うかがい中ですが・・。
Commented by eru at 2013-08-14 22:20 x
奥様のお母様がご逝去なさったのですね。
83歳で逝くなんて今時早いです!
傷心の奥様をいたわってください。
Commented by 村夫子BUN at 2013-08-14 23:30 x
心からお悔やみ申し上げます。
五木寛之氏の小説「親鸞」に出て来る當麻御前(たいまごぜん)が、
「親を思わば夕日を拝め、親は夕日の真ん中に」と歌って居ります。
Tombeeさんの写真をみて思い出しました。
また芭蕉が自分の後継者とまで思っていた金沢の一笑に奥の細道で会いに行った時、
一笑は既に亡くなっていました。その時詠んだ芭蕉の句です。
 塚も動け 我が泣く聲は 秋の風
芭蕉がこれほど感情を表した歌を他に知りません。
その一笑の辞世です。
 心から 雪美しや 西の雲
死悟った一笑の心穏やかな気持ちが良く判ります。
25年Tombeeさんと一緒に暮らしたお義母さんも同じ気持ちだったことでしょう。
                                    合掌
Commented by のけぼし at 2013-08-15 09:05 x
お悔やみ申し上げます。
あの時 お会いしたお母様ですね。
寂しくなられたと思います

私もつい先日 五木寛之氏の小説「親鸞」4巻を読み直したばかりでした。

「親を思わば夕日を拝め、親は夕日の真ん中に」
が印象に残りました。

TOBIちゃんとこは 夕日が美しいところですね。
Commented by 面の木の風  at 2013-08-15 17:34 x
お悔やみ申し上げます。
大役お疲れさんでした。
     
Commented by Ayumi at 2013-08-16 00:14 x
え?
お風呂をお借りした時にいらっしゃった、おばあちゃんですよねー?
何と無く覚えてます。

え?え?ショックです。
こんな時、お孫さんがいて気を紛らわせてくれますね。
日はまた昇る!
お孫さんなのかもしれませんね!

合掌。
Commented by 山小屋 at 2013-08-16 07:44 x
謹んでお悔やみ申し上げます。

まだまだ暑いです。
ご自愛ください。
Commented by さんきら at 2013-08-18 11:47 x
義母様御逝去との事、お悔やみ申し上げます   合掌

奥様も御傷心の事でしょう・・いたわってあげて下さいね。

25年間もご一緒に暮せた義母様、きっと喜んでおられた事でしょう・・
Commented by tombee-yanaze at 2013-08-20 04:43
◎みなさま
ありがとうございました。
夏休みも終わり・・孫たちも行っちゃいました。
わんやわんやから・・・ばあさんが欠けて、カミさんと二人の生活に戻りました。
まとめてのコメ返、お許しください。