大江高山ちょいチェック②

大江高山
いまのところ・・・
スミレとイカリソウの山
と、云うイメージですね
f0214649_4521659.jpg
今年初めての出会い^^
シュンラン

f0214649_4533632.jpg
ツヅラ折りの急坂を登る
でも、とってもいい山

f0214649_4591490.jpg
シハイスミレ

f0214649_4594460.jpg
ヤマブキもそろそろ

f0214649_503426.jpg
f0214649_504726.jpg
イカリソウ

f0214649_511887.jpg
アカネスミレ??

f0214649_541130.jpg
やっとこさ 頂上間近

f0214649_544551.jpg
エンレイソウ
前日に、あられやこんこでかなりダメージを受けてるみたい
ダメージの少ない花を選んで・・・・

f0214649_565365.jpg
山田コースのピーク
眺望
日本海の白波は浅里海岸
さんべ荘登山隊が見つめるのは、石見銀山山吹城

f0214649_59568.jpg
高山連山
正面のボコボコ、鉄塔があるのが馬路の高山

・・・で、下山
f0214649_5113275.jpg
サンインスミレサイシン??

f0214649_5123237.jpg
花を探すと・・・・
ちゃぁ~んと、咲いていてくれました^^
ウスバサイシン

f0214649_517124.jpg
ヤマザクラにキチョウ

大江高山・・・三瓶山の近くにして
三瓶山とは植生を異にする山
若い三瓶山に比べ54万年前に隆起した山
天候がイマイチで・・・お目当てのギフチョウには逢えませんでした(--;
ミスミソウ、イズモコバイモも終わってました。

でも・・とっても素敵な山^^
次回は縦走だな。

Ozawaさんから・・拡散宜しく^^
原発イベントカレンダー
http://datugeninfo.web.fc2.com/
小出裕章 祝島での講演
http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk
http://www.youtube.com/watch?v=mk5ITq_Vf00
[PR]

by tombee-yanaze | 2011-04-22 05:21 | 山陰の山 | Comments(6)

Commented by ウラン at 2011-04-22 22:21 x
こんばんは~。
いろんな花たちに会えましたね~。
大江高山に詳しい人(祖式出身)が登るにも2通りあるって・・。登山口が違うみたいですね~。
いずれ登ってみたいですが・・・。
長いものが出ない時がいいよね!
1番↓、お気に入りです。
Commented by KEN at 2011-04-22 23:21 x
イカリソウやウスバサイシン、、こちらでもそろそろ咲き出します♪
この時期の低山徘徊は楽しいですね^^
Commented by tombee-yanaze at 2011-04-23 06:00
◎ウランちゃん
大江高山への登山口はふたつ。飯谷と山田です。
飯谷コースは直線の急登、山田コースはツヅラ折りの繰り返し。
登山道はクロボクの粘土質、滑りやすいから雨の後はやめた方がいいかも。
飯谷と山田は3.5km・・車2台で行くのが一番。
一緒に縦走しようよ^^
Commented by tombee-yanaze at 2011-04-23 06:04
◎kenさん
kenさんなら、高山連山を大江高山から馬路高山まで徘徊するでしょうね^^
荒れてるかも知れませんが、道はあるようです^^
あしたは三瓶山の山開き・・雨が上がればいいのですが・・・。
Commented by みなみ at 2011-04-24 09:17 x
初めまして♪
大江高山の記事を探していてたどり着きました。
先日、私も登りましたが、ギフチョウ、沢山飛んでいて近年では珍しいと言うことでした。ミスミソウ、イズモコバイモ、カンアオイの花達も咲いていました。飯谷側の山頂からは三瓶山も見ることが出来、感激の風景でした。

大江高山が出来たのは54万年も前の事ですかぁ、「すごい山!」なんですね。これからは今までとは違った思いで、この山を見ることが出来ます。
大江高山火山群って聞いたことはあって、そんなに高くない山なのに如何して?と不思議に思っていましたが、謎が一つ解けた気がします。有り難う御座いました。
Commented by tombee-yanaze at 2011-04-26 21:00
◎みなみさん
えぇ~~~~!! ギフチョウ乱舞にでくわしたんだぁ~^^
Tombeeが行った日は、天候のせいか、ギフチョウさんのご機嫌が悪かったせいか・・・残念無念でした。
イズモコバイモ、ミスミソウも遅かったですね。
来年はもう1~2週間早く行きましょうかね。次回はぜひとも縦走しなきゃ。。と、思っています。
山の形成年月の差か、三瓶山とは全く植生が違うんだそうですよ。
今後とも・・・こちらこそ、宜しくお願いします。